So-net無料ブログ作成

#2410 さんまの放射能汚染(まとめ-1) Sep.16, 2013 [13. 東日本大震災&福島原発事故]

 大型台風18号が各地で猛威を振るっている。京都では桂川が氾濫した。台風は愛知県に上陸し、東海地方を北上中だ。時速45kmだから、関東を通過する午後には55km/hくらいにアップするのだろう。おや、お昼のニュースでは関東通過だ。熊谷で竜巻被害があったようだ。根室に向かっているから今夜は荒れそうだ。雨がだんだん強くなっている。

 ところでさんまの放射能汚染を取り扱った弊ブログ記事へのアクセスが多いのでどうしたのかと思って「さんま放射能汚染」をキーにグーグルで検索してみたら、一番上(現在は2番目)に弊ブログが載っていた。

#2390 サンマのI-131の濃度から放射能汚染水の大量流出は分かっていた Sep. 1, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-09-01


さんまに含まれている半減期8日の放射性ヨードの値が0.4Bq/kgからいつまでたっても下がらないので、その裏には汚染水の海洋流出が続いているという事実があると推定していた。昨年11月の弊ブログ記事である

 ***9月21日削除しました、理由は#2414をご覧ください***

*#2131 サンマ放射能汚染データ: 1Bq/kg以下 Nov. 17, 2012 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-11-17


 いまグーグルで「さんま放射能汚染」で検索すると福島第一原発から流出した放射能が三陸沖で黒潮と親潮に挟まれて、太平洋東海上へと押し出されていく様子がシミュレーション画像で確認できる。こういう画像情報の提供はありがたい。

*海洋汚染シミュレーション画像:「真実を探すブログ」より
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-769.html

 北太平洋上に広がりさんまの回遊経路全域とさんまが捕獲される北海道沖まで黄色で示された汚染濃度の高い海域が広がっているのがわかる。この画像と、2011年3月26日の弊ブログでさんまの回遊経路を調べて、さんまの放射能汚染の可能性に言及したことがあるので、放射能汚染シミュレーション画像とともにみてもらいたい。

*#1445 検証(2)福島原発事故⇒今年のサンマ漁に一抹の不安:杞憂に終われ Mar.26, 2011 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2011-03-26


他に弊ブログで取り上げたさんまの放射能汚染に関する記事のURLをリストしておく。

#1967 二度目のメルトダウン :野田総理大飯原発再稼動容認発言アリ June 10, 2012 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-06-10

 米国機関が太平洋の本マグロについて汚染データを公表しているが、6.3Bq/kgである。広く太平洋上を回遊する本マグロのほうがさんま1Bq/kgよりも6倍汚染されているというのがわたしには解せない。反対なら理由に合点がいく。
 米国の検査機関と日本では放射能の測定作業手順が異なるのではないか?米国と同じ作業手順でやったらさんまの放射能濃度は5~10Bq/kgあるのではないかとわたしは強く疑っている。濃度の濃い汚染海域内を回遊するさんまのほうがそ子を通り抜け外側に出て回遊する本マグロよりも汚染が少ないわけがない。

  本マグロの放射能汚染濃度>さんまの放射能汚染濃度

 この不等式が成り立っていると推測するのがあたりまえだ。実際には不等号の向きが反対なのだから、測定作業手順の違いにその原因を見出すのが合理的な思考というものだろう。

 水産庁が公表しているデータはさんまの身の部分だけを切り取って計測している米国ではそのまま丸ごとミンチにして計測したのではないだろうか?
 
米国人がマグロを三枚に下ろして、身だけを計測するなんて器用なことをやれるはずがない。
 さんまには胃袋がないので、いきなり腸で消化されて排泄されるので、消化管の放射能汚染が他の魚よりも低い可能性はある。
 三枚に下ろして身(筋肉)だけ測ったら、骨に沈着するストロンチウムは現出できるわけがない。そういうわけで、水産庁のデータにはストロンチウムの欄がない。やはりまるごと測るのが正しい。でもそうすると値がずいぶん跳ね上げることになる。こうして考えると、水産庁は東電や政府とグルで、放射能汚染データを実態よりも小さく見せるために、手間のかかる測定手順を選択したということ。嘘だらけということだ
 すべての関係者が自分の家族に妊婦がいると考えて、正直な仕事をしてもらいたい。少子化といいながら、妊婦は何を食べればいいのか、これではまるで信用できない

 放射性廃棄物として資格のある取扱責任者が管理すべきゴミは100Bq/kgであるから、その基準の10分の1である10Bq/kgを超えたものはもう食品ではない、ゴミである
 焼却処分するとその灰には100Bq/kgをはるかに超える放射性物質が残る。4桁ほどにもなるのではないだろうか。まことに厄介なゴミだ

 還暦を過ぎたebisuはさんまが大好きだから食べるが、若い人たちには5Bq/kgを超えた魚は食べさせられない。
 人によって価値観が違うし好みも違う、しかし判断が分かれる大事なところだから、まるごとミンチにしてヨード、セシウム、ストロンチウムの各々の量と合計を正直に公表してもらいたい

 これだけ日本沿岸を汚染してしまったら、安心して食べられる魚がうんと少なくなってしまう。原子力発電所はたいへんな疫病神である。



*#2008 サンマ漁解禁2日目 :テレビも新聞もサンマの放射能汚染報道は一切なし July 11, 2012 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-07-11-1

#2063 旬のサンマを美味しくいただく :水揚げ日本一の町の大人の責任  Aug.23, 2012
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-08-23


 #2116 根室沖の真鯛から100Bq/kg超のセシウム検出 Nov. 4, 2012
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-11-04-1

#2390 サンマのI-131の濃度から放射能汚染水の大量流出は分かっていた Sep. 1, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-09-01

 #2411 さんまの放射能汚染(まとめ-2) Sep. 16, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-09-16-2

 #2414 根室のさんま祭り:放射能汚染は大丈夫か? Sep. 20, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-09-20

---------------------------------------------------

 【高校生と大学生諸君へ】
 英字新聞「ジャパンタイムズ」記事をテクストにして、長文に慣れよう。
  Click here!
#2406 嘘か実か:「状況は管理されている東京は大丈夫」と安倍首相 (JTより) Sep.13, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-09-13





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 根室情報へ
にほんブログ村

 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0