SSブログ
前の5件 | -

#4618 釧路教育長の議会答弁:標準学力テストについて Sep. 22, 2019 [8. 時事評論]

 釧路市議会で、標準学力テスト実施に関する共産党市議からの質問に、釧路教育長が真正面から答えている。
 令和3年9月17日の釧路新聞より引用。
=================================
 西村雅人氏(共産党)は市が独自に行っている標準学力検査について、「自動。生徒を過度な競争に駆り立て、きょうしょくいんのふたんぞうにもつながっている」として、今年度限りで廃止するよう求めた。岡部義孝教育長は「基礎学力を測るもので、競争させる考えはまったく持ち合わせていない。また、結果に基づく授業改善は教師の本文と考えている」とし、「子供たちの将来の選択肢を広げるためにも基礎学力は欠かせないものである、やめる考えはない」と答弁した。
=================================

 釧路市は平成24年(2012年)12月に基礎学力保障条例を制定し、翌1月から実施している。この時期には全国で子どもたちの学力低下に危機感を抱いた市民による類似の条例制定や学力向上運動が広がっていた。

 超党派の「釧路市基礎学力問題研究議員連盟」と「釧路の教育を守る会」が連携して案を練り、市議会での議決にまでもっていった。その後、月田光明市議や金安潤子市議などよって8年間にわたって市議会でフォローアップが行われ、教育長と基礎学力保障条例の徹底に関して議論を続けている。ミュージカルグループ「キッズロケット」を主宰している金安市議は市議会で「基礎学力問題のジャンヌダルク」と言われている。
 そういう中で、唯一基礎学力保障条例制定に反対した政党からの相変わらずの同じ趣旨の質問に、教育長が答弁したもの。
 全道でやっているふだんの学力テストでは、釧路市内の中学校のよりも根室の市街化地域の中学校ほうが、平均点が高い。それでも根室は教育委員会も市長も市議会も子どもたちの学力低下に危機感が感じられない。
 具体的なデータを貼り付けておくので、興味のある方はご覧いただきたい。根室の2校が最下位である。別海中央中学校は根室の中学校よりもずっと高い。
*「#4099学力テスト総合A28校科目別データ Oct.11,2019

20210917釧路新聞aaef6be8 s2.jpg
 釧路市議会は、教育問題ではやる気が濃くてちょっと面白い。(笑)


にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

#4617 枯草の匂い:牧の内サイクリング Sep. 19, 2021 [85.サイクリング]

 陽気がいいので、サイクリング。コースは牧の内T字路までの往復、Aコースと命名している。
 信号が赤なのでセブンイレブン光洋町店の広い駐車場を横断して、ノサップ線の車線へ入る。根室高校前からは東に向かって一直線。めずらしく向かい風だった。帰りは追い風かななんて考えながら、ペダルをこぐ。アゲインストだから速度が出ないね。20km/hくらいで走る。
 航空自衛隊のレーダサイトのあたりを通り過ぎると、秋の香り、枯草の匂いがしている。見ると草が一部黄金色になっていた。路肩近くに咲いていた背の高めの紫色の花がきれいだった。

 14時 気温18.3度 北北西の風2.9m/s 湿度77%

 昨日は一日中雨だったが、今朝午前3時くらいには上がっていた。
 根室で湿度77%は乾燥しているほうだろう。昨日は85-100%、一昨日は64-83%、その前は63-95%。
 行は、アゲインストだから風に逆らわずほどほどに漕ぐ、帰路はちょっと頑張った。最高時速は39.3km/h。
 平均時速が20.2km/hだったのはちょっとうれしい。最後の方はお尻を挙げてダンシングして、速度を稼いだ。

 気持ちのいいサイクリングでした。天の神様、好い天気のプレゼントをありがとう。

 ロードバイク:走行距離12.7km、累計走行距離5739km(昨年5645km)
 今年の走行距離:94km
 まだ100㎞行かない。来週には超えそうだ。ほんとうに乗らなくなった。

 英作文問題の作成に時間をとられているので自転車に乗る暇がない。問題と解説集が939回、ついにA4判で1000頁、8000題を超えた。
 英語の語順通りに日本語の文を解体、並べ直した問題文を織り交ぜることにした。簡単なものは必要がないが、英語が苦手な人には、こういう教え方をしないと英作文はハードルが高くて喰いつけないだろう。


にほんブログ村
 

nice!(0)  コメント(0) 

#4616 市立根室病院「経営改善を」:画期的な監査意見 Sep. 17, 2021 [31.市立根室病院経営改革メモ]

<最終更新情報>9/18朝8:40 <余談-2>追記

 3月14日の北海道新聞16面から。
-----------------------------------------------
根室病院「経営改善を」
 監査委員、市に意見書
【根室】市監査委員は、2020年度の各会計決算に対する意見書を市に提出した。市立根室病院の病院事業会計決算について、以前として一般会計から多額の繰入金があることから「スピード感をもった行動力で経営改善を」と求めた。
 意見書は中本明代表監査委員と波多雄志監査委員が9日、石垣雅敏市長に手渡した。
 病院事業会計は4100万円の黒字となったものの、一般会計から15億6700万円(19年度比8900万円減)を繰り入れている。新型コロナウィルスの感染拡大の影響で入院患者数、外来患者数とも、前年度比10%減となり、医業収益は同8200万円減の29億円となった。「早期に『市立病院新改革プラン』を作成し、持続的かつ安定的な医療体制が構築されるよう望みます」との意見がついた。
 一般会計についてはふるさと納税が「貴重な財源」になっている一方、経済の長期低迷は人口減で「市税収入は多くを望めない」と指摘。産業育成や企業誘致などによる安定的な雇用の拡大を求めた。水産業の養殖放流事業にも「多くの予算が使われているが、放流後の資源管理は現状でよいのか」と疑問を投げかけた。(武藤由美)
-----------------------------------------------

 公的会計基準では4100万円の黒字だが、民間会計基準で損益計算書を組みなおしたら、15.2億円の赤字と言うこと。もう何年も前から繰り返し弊ブログに書いているが、市の広報では民間会計基準で作成した損益計算を公表すべきだ。黒字だと市の公報に記載したら、市民は病院経営が本当に黒字だと誤解してしまう。実態は年間15-16億円の赤字をつづけているのだ。広報には誤解を生まないように、民間会計基準でほんとうの姿を載せるべきだ。
*「#2922「広報ねむろ1月号」市立根室病院決算を斬る」」

 もう何年も前のことになるが、中小企業家同友会が弊ブログが市立病院が15億円も赤字だと嘘を言っている、市の広報では黒字だと元病院管理課長である市議の本田さんへ病院決算の解説を依頼したことがありました。
本田さんは資料を作成して、中小企業家同友会で講演をしてます。それで、中小企業家同友会は市立病院が年間15-16億円の赤字であることを知ったはずですが、その後何の発言もない。根室の企業家として、そして経済団体として、市政に対して言うべきことがないのですか?
  中本明代表監査委員がこのことを監査意見で明記したのは2度目です。市政に物申すと周りからいろいろ言われるのが根室の常、それを承知で中本さんは書いています。
 このことからわかるのは、中小企業家同友会の主要なメンバーは、市立根室病院の決算資料を独力で理解する専門知識や学力がないということです。そして市側に不都合な事実にはいつでも目を瞑りだんまりを決め込むということです。じつに情けないとわたしは思います。
 根室市内の中学生の学力は、残念なことですが、釧路根室管内で最低です。最低なのは子どもたちだけではなさそうです、地元企業家の経営や財務に関する専門知識や学力もまた相当に低そうだということ。学生時代も碌に勉強せず、社会人となってからも研鑽を積まず、地元企業家同士が集まって閉鎖的な集団を形成しているから、日本標準経営からのズレも感じられず、視野狭窄に陥るのです。それを「オールねむろ」と自称しています。
 中学生の学力では根室市は別海町に大きく水をあけられていますが、企業家や教育長を見ても同じことが言えます。FB上でTさんや眞籠元教育長と議論することがあります。しっかりしてます。考え方のしっかりした大人のいる町は子どもたちの学力も高くなるようです。釧路の教育長の高木さんも、最近市議会でいいことをおっしゃっています。昨日の釧路新聞に掲載されているのであとで弊ブログで採り上げます。教育行政という点でも、根室は釧路市や根室管内の別海町に大きく劣っています。それが、結果として子どもたちの学力テストの平均点に現れてしまっています。
 中学3年生の学力の現状をデータでご覧ください。
*#4099学力テスト総合A18校科目別データ比較 Oct.11, 2019

 中小企業家同友会の有力メンバーが市の予算から毎年「支出」を受けているからでしょうね。持ちつ持たれつなのでしょうが、一市民という立場から見るとひどい話ではありませんか?
 市の予算と密接な関係があるのは商工会議所も同じですよ。水産業界も同様。もちつもたれつ、根室の地元経済界は、市政批判を一切口にしない。「オール根室」なんて自称していますが、中身はこういうことですよ。
 市議会も同じです。根室の地元経済諸団体は根室の未来なんて考えていません、自分たちの既得権益を守ることと、市政を恣意的に利用することだけしか関心がなさそうに見えます。
 しかしね、そんなことをしていたら、経営体質の変革なんてできっこない、そんな地元企業は地元の若者から見棄てられます。

 このように、一部の地元企業とその集まりの経済団体が市政ともちつもたれつだから、市立病院経営への批判も、経営改革への提言もまるで起こらない、その結果どうなったか?市立根室病院の赤字は2013年1月に建て替えられてから毎年15億円以上の赤字を続けており、一向に改善されません。建て替え前は8-10億円の赤字でした。市側の試算では建て替え後の赤字は最大値で11億円と計画上はなっていました。担当部署がいい加減な数字合わせをしたということです。
 市議会文教厚生常任委員会でも市立根室病院の巨額赤字が取り上げ検討されているという話を聞いたことがありません。改善不可能ならしかたありませんが、改善できますよ。具体策を議論すべきです。7年間で100億円も赤字が出ています。事実を知って、しっかり対策する、それが根室っ子の心意気というものじゃありませんか?

 ふるさと納税制度がなくなれば、地域医療が維持できなくなります。仕事中に亡くなった財政課長のKさんがとても心配していました。

 ふるさと納税制度は悪法です。住民税を都会から吸い上げ特産品のある地方へ流しているだけ。それで「ふるさと納税」をした人はタダで特産品を手に入れられるという、実態は合法的脱税です。このようなカラクリで、住民税が特産品購入代金と諸経費に4割くらいも消えてしまっています。
 菅氏の提案だったが、かれは間もなく総理大臣の座を追われます。反対していた総務官僚を左遷してまで強引に導入して今に至るまで続いていますが、ふるさと納税制度は遅かれ早かれ廃止が検討されるでしょう。いまのうちに、赤字額を5億円程度減らしておかないと、間に合わないことになりかねません。

 赤字を5億円程度減らせば、市側の実質負担は1-2億円程度です、残りは国からの補填で賄えます。その具体的な方法は弊ブログでなんどか述べています。

 市の代表監査委員の中本明は根室高校同期です。元大地みらい元専務理事、監査委員としていい仕事してくれてますね。彼がこういう意見書を書いたのは2度目です。四年前にも同じ趣旨の監査報告書を書いています。市側は前回は監査報告を無視しています。今回もそうするのでしょうか?
 市議会がフォローすべき事項ですよ。そんなこともできないから、市議定数をさらに削減すべきという声が市民の間に上がるんです。中本さんの監査意見をバクアップする市議が数名現れてもらいたい。
 中本さんは、余計な忖度なしないで、代表監査委員として書くべきことを書いた。根室高校同期にこういう人材が居てうれしい。

*3606市立根室病院事業会計監査に関する意見書」

*3230市立根室病院事業会計「基準外繰入金」につい

<余談:北海道新聞根室支局に敏腕記者アリ>
 いい記事ですね。市立病院の決算データを精確に読み込み、適切なコメントを書ける記者が配置されたのはもう十数年ぶりでしょうかね。武藤由美さんとおっしゃる。偉いね、素直に褒めます。額面通りに受け取ってください。

<余談-2:地域医療を支える医学部進学者を毎年出す方法>
 長期的な観点からは、常勤医を増やすことが収益改善の重要なポイントである。根室高校から毎年医学部進学者が出たら、その内の何割かは根室へ戻ってくる。市立根室病院は給料が高いので大きなインセンティブになる。子どもの教育問題を解決してやったら、根室出身者でなくても30代や40代の医師が根室に定着するだろう。
 国立医科大学の授業料は6年間で360万円で、文系私大よりも安いから、金銭面では大きな問題がない。今年、国立旭川医大に根室高校から現役合格者が出ている。小中高と根室で学んだ生徒が国立医科大学へ進学した初めてのケースである。やり方は弊ブログに書いてある。この生徒は小5の1月からニムオロ塾で勉強し始めたので、高2、高3の2年間、きつかった。しかし、小4からスタートすれば、もっと余裕をもって合格できる。1年9か月早い、小4の四月からのスタートなら、札医大や旭川医大や北大医学部へ根室から毎年数名の進学が可能だ。
 そういうレベルの生徒は年度によってもばらつきがあるが、毎年2-5人いる。もう少しわかりやすく言うと北大総合理系以上の難関大学へ合格できる資質をもった子どもは1学年にそれだけいるということ。具体的なやり方を知らず、そういう生徒たちを育てそこなっているだけ。肝心な点は受験勉強を小4の四月からスタートさせること。
 わたしは具体的なやり方を示し、生徒とともにやって見せた。記録も弊ブログに残してある。わたしがニムオロ塾をやめても、誰かが真似してやってくれたらいい。似たような環境と教育システムを、根室の大人たちが知恵を絞って根室の子どもたちに提供してあげたらいい。地域医療の核を担う人材群は教育に関係する大人たちが協力すれば創れるのである。地域医療を担いきる具体的なやり方は授業の合間に教えてある。30年長期プログラムはすでに動き始めた。ここまで持って来るのに7年を費やした。
 でも一人ではたいへんだ、30年間で十数人いれば、根室に盤石な地域医療が保障できる。


にほんブログ村


nice!(0)  コメント(5) 

#4615 激やせの金正恩は影武者か? Sep.14, 2021 [A8. つれづれなるままに…]

 お昼のテレビで、韓国人のソウさんというジャーナリストか大学の先生が、金正恩氏の胃切除の可能性を指摘していた。北朝鮮が最近40万ドル医薬品を輸入したのは、胃切除後のビタミン剤の補給のためだという。
 わたしも胃を切除して3か月に一度か半年に一度くらい、鉄剤とビタミンB12の静注をしてもらっているが、薄いきれいなピンク色のビタミンB12メチコバール500μgの薬価は107円であり、鉄剤フェジンは40mg60円である。
 10年分購入しても数万円にしかならない。

 番組では影武者説も紹介していたが、これもコンピュータの顔認証技術があるからごまかしがきかぬ。耳の形を照合しただけでも本人かどうかはっきりする。当然、米国や日本、そして韓国でもやっているだろう。
 一つ一つ具体的に検討してみたら、じつに荒唐無稽な報道を垂れ流しているように見える。

 それにしても、短期間であんなにやせるものだろうか?そして色つやもいいから、若返ったようにも見える。まるで20代後半の若者のように見えた。無理なダイエットをすれば、体力が根こそぎ奪われ、気力の衰えが表情に出るし、肌の色つやも失われ、老けた感じになるから、どこか違和感があるのは事実である。
 謎だね。テレビ番組で顔認証して、結果を公表してもらいたい。

 こういうこと考えなきゃいけないのは、番組ディレクターの仕事かな。いい仕事してもっとテレビ番組を面白くしてもらいたい。専門知識や科学技術を駆使し、娯楽と真相報道を兼ね備えたもっとレベルの高い、新次元の番組が創りうるのでは?



にほんブログ村

nice!(1)  コメント(2) 

#4614 街路樹のナナカマドが真っ赤な実をつけてます:風邪の季節の始まり Sep. 14, 2021 [A8. つれづれなるままに…]

 北西の季節風が吹くようになりました、昨日の最低気温は13.9℃です。
 COVID-19の蔓延で、昨年同様に今年も蟹祭りもサンマ祭りもありません。町は静かです。
 毎日80-100%だった湿度も最低湿度が70%台があたりまえになってきたとたんに風邪がはやり始めてます。
 鼻水、微熱、COVID-19と症状の見分けはむずかしい。
 市立根室病院で検査できますが、3万円ほどかかると聞いてます。初診料も入ってのことだと思います。保険点数は1350点ですから13500円ですが、急を要することが多いでしょうから、市立病院で独自に検査体制を組んでいるのかもしれません。

 大手検査センターの類似の遺伝子検査は550点ですから5500円が妥当なところです。はやく妥当なラインまで保険点数を下げないと、患者負担も社会保険側の負担も大きすぎて、検査ができません。
 クラスターで濃厚接触者にカウントされたら、費用は政府もちですからタダ。濃厚接触者ではない人が、風邪症状が出たら、検査をするかどうか、3割負担でも10000円ですから、検査料金も重要なファクターです。
 北の方から風邪のはやる季節に移り変わりつつあります。COVID-19とただの風邪を見分けるために通常の料金での検査ができることが望ましいのではありませんかね?

<PCR検査原価情報>
 最大手の臨床検査センターSRLへ厚生労働省から問い合わせがあれば、社内秘扱いの原価情報を得られます。それに基づいてSARS-CoV-2PCR検査の保険点数を1350点から550点に変更したらいい。
 SRLはナンバーワン企業としてその社会的責任の重さを意識している企業です。
 1990年ころに染色体検査の原価情報を提供したことがあります。保険点数が低すぎるために他企業の新規参入がほとんど不可能でした。染色体検査分野ではSRLのシェアーは8割を超えていました。わたしは当時学術開発本部スタッフで担当取締役Iさんの「右腕」でした。SRLで導入した英国企業IRSの染色体自動解析装置を国内の臨床検査センター2社が導入した情報をつかんでいました。保険点数が低すぎて利益が出ないので、導入した企業の経営が悪化することがわかっていました。その2社にとっては死活問題でしたので、SRLの独占状態もよろしくないので、厚生省へ原価情報を知らせて保険点数をアップするように働きかけました。効果があってまもなく保険点数が200点(2000円)ほど上がりました。
 画像解析装置を導入した企業は2社とも消滅しています。羽村にあった企業は1999年にSRLが買収しました。わたしがその会社との治験合弁会社の経営を任されたときの四つの課題の一つでしたから担当しています。東北にあった会社も資本提携交渉をして3年間の約束で1993年に役員出向していますが、染色体検査を中心に実行可能な経営改善案を作成して、SRL創業社長の藤田さんへ改善案を文書にして報告し、実施の了解を得ようとしたところで、ストップ指示が出ました。改善案がよすぎたのです。ほんとうの話です。(笑)
 SRLの子会社関連会社でNo.1の売上高利益率15%を実現する内容でした。損益シミュレーションはSRLの一番いい時(売上高経常利益率12%)すら超えてました。1992年ころに関係会社管理部で仕事していたわたしは、千葉の子会社で業務系とラボの新システム導入にも本社側から責任者として関り、稟議書添付のシミュレーションを超える黒字転換をしていました。その面では社内で信用がありました。
 東北の会社は、藤田さん黒字転換なんかやれっこないと思っていたのです。3年間遊んで来いというつもりだったのかも。仕事してしまったのです。3年で黒字になんで社長特命での出向でした。藤田さん演技派、すっかり掌で転がされてしまいました。経営改善案を実行されては困るという事情が藤田さんの方にありました。子会社社長はSRL本社役員を兼務することが暗黙のルールでした。毛色の違う関係会社社長をSRL役員にはしたくなかったのでしょう。経営悪化したら、資本提携を出資へ切り換えて、過半数の株式を取得するつもりだったと思います。もちろん、それまでの役員には経営責任を取らせ、従業員はそのまま引き取るということ。数億円増資して累積損失を解消するくらいはどおってことはなかったのです。経営改革はそのあとで指示するつもりだったようです。調査して練り上げた経営改革案を実行すれば1年後には大きな黒字になるので、藤田さんにあわてて呼び戻されました。3年の約束が、たった15か月で出向解除。その代わり本社経営管理課長、社長室兼務、購買部兼務課長という3部署兼務の辞令が出ました。それぞれ特別な仕事が用意されていました。3部署兼務はまったく異例のことでした。後にも先にも事例がありません。東北の会社へは1993年にわたしの後任に3人出向役員を送り込みましたが、うまくいきませんでした。赤字の検査ラボの立て直しなんて送り込まれた三人には経験がありませんでした。ずるずると経営悪化、SRLは持ち株を他社へ売却、その後経営破綻。従業員がかわいそうでした。後味の悪い仕事です。


にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -