SSブログ
前の5件 | -

#5167 映画「八月の家族たち」で音読トレーニングの効果チェック Feb. 21, 2024 [49.1 英語音読トレーニング]

  NHKB/S放送で「八月の家族たち」という映画を見た。
 メリル・ストリープが母親で、三人の娘のうちの一人、長女がジュリア・ロバーツである。長女を中心に見ると、お父さんの葬儀から話が始まる。内容は青字をクリックしてみてもらいたい。
 密度の高い台詞回しで見せる映画である。問題を抱えた家族それぞれの会話で葬儀の日の物語が進んで行く。
 どれくらい聞き取れるかと思ってみたら、殆ど聞き取れた。もちろん字幕に助けられて理解できるところもあるが、英語としては聞こえている。チャンクの粒粒が連なって意味をもつものとして脳が処理している。
 
 今日はNHKラジオ英会話の音読とシャドーイングを午前中にやった。50回である。36~45回までは1.5倍速、180語/分の高速音読に切り換えた。1.5倍速でちゃんと口が回っている。余裕が出てきました。
 映画の会話はそんなに速くないので、聞き取りが楽なのだ。
 1/13からアガサの『AND THEN THERE WERE NONE』の朗読のコピートレーニングを始めた。こちらは173語/分でずいぶん速い。今日は0.8~0.9倍速でシャドーイングしてみたら、できました。
 180語/分で音読やシャドーイングができるようになれば、映画の台詞の大半(80~90%)は聞き取れるということ。もちろん数をこなしていく必要はあります。まだ定着するとは思えないので、ここからさらに3か月音読トレーニングに励みます。脳が英語処理に慣れていくでしょう。

 高速音読とシャドーイングはリスニングの改善に大きな効果があることが分かった。NHKラジオ英会話の音読トレーニングは10月半ばからだから4か月が経過した。小説朗読は今日でちょうど40日間だ。

 これからは映画を見ながら、語彙を増やせる。そしてどういうシーンで使えばいいのかも学べるだろう。

 今日やった、高速音読とシャドーイングトレーニングのやり方は#5165で説明してある。
 中高生に皆さんは、数か月で音読やリスニングは劇的に改善できるので、やってみてほしい。やり方は弊ブログへ記録帰してあります。「49.1英語音読トレーニング」のカテゴリーにまとめました。
 NHKラジオ英会話は初めの部分と終わりの部分、そして途中の「Typical Expressions」のところで小話が入るのですが、それがいつのまにか聞き取れるようになっていました。高速音読とシャドーイングの効果侮るべからず。


にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

#5166 傷病兵を連れ戻し前線の突撃隊へ送るロシア Feb. 21, 2024 [8. 時事評論]

 ウクライナで起きている戦争で、ここ数日ロシア軍の攻勢が伝えられている。ウクライナ東部のアウディーイウカをロシア軍が奪還したようだ。


 今朝2/21朝のNHKラジオニュース解説番組を聞いていたら、ロシア兵の妻がの事例が紹介されていた。

 胃腸に持病がある夫が「動員=徴兵」されて前線へ送られた。1年間で返すという約束だった。1年半たってから、持病が悪化して戦えなくなり、戻ってきた。そのまま市立病院へ入院治療を受けていたら、軍の病院へ移すと言われて、そのまま連れていかれた。
 軍の施設では治療はされなかった。病気は治ったということで前線へ「突撃隊」に編成されて送られた。以来3か月間連絡がない。おそらく殺されたのだ。軍から連絡はない。
 妻は怒っている。夫がいなくなってしまったら失うものはもう何もない。この妻が属しているネットワークは、約束通り1年間で帰還を要求しているだけ。軍を批判したり、ウクライナ戦争に反対したら、逮捕監禁されるからだ。声高に主張すればナワリヌイ氏の例がある。拘束され反逆罪で送りになったジャーナリストは数知れず。FSBに暗殺されたと思しきジャーナリストも百人を超える。犯人はどれもつかまっていない。警察が暗殺部隊のFSB職員を捕まえられるはずがないからだ。

 さて、プーチンはなぜ傷病兵を突撃隊として前線へ送り、同胞を殺戮しなければならないのだろう?
 答えは簡単だ。傷病兵が戻ってきて治療を受けて家族と面会していたら、戦争の実態が帰還兵から漏れるからだろう。軍への批判はすべて国家反逆罪になるように法律も改正している。

 ナワリヌイ氏が北極圏にあるシベリアの刑務所(スターリン時代には最悪の強制収容所)で殺された。遺体は2週間家族に渡さないという。使った毒が消える期間をまっているなんて噂が流れ始めている。

*「ロシアの女性たち、夫や恋人の復員求め抗議-予備役招集から1年余り」
------------------------------------------------

ロシアのプーチン大統領がウクライナでの戦争に動員する予備役30万人を招集してから1年余りが過ぎ、兵士の家族らが復員を要求し始めた。
  クレムリン(大統領府)に対する抗議活動を開始したのは、愛する人を戦争から早く帰還させるよう求める予備役の妻や母親、恋人らだ。昨年9月に招集された予備役の帰還を訴える運動「ザ・ウェイ・ホーム」は、通信アプリのテレグラムでフォロワー3万7000人余りを集めた。
  これまでのところ、この運動を巡る当局の対応は、抗議行動をしないよう警告する警察の派遣程度にとどまっている。
  女性たちのこうした運動は現時点ではまだ小規模だが、プーチン大統領が出馬を表明した来年3月の大統領選を控え、政権運営に影響を与える可能性もある。
------------------------------------------------


 報道の自由は守らなければならない。報道の自由がなくなったら、日本も中国やロシアのような国になりかねない。そこで、NHK経営委員がNHK会長に報道内容や取材の在り方にクレームを入れた、この事件はとっても重大である。

*「NHK経営委員長はすぐに辞任を」 かんぽ報道で録音開示命令

---------------------------------------------------

 かんぽ生命保険の不正販売を報じた番組を巡り、NHK経営委員会が会長を厳重注意した際の議事録や録音データを開示すべきかが争われた訴訟の判決で、東京地裁(大竹敬人裁判長)は20日、市民グループの請求を認め、NHKに録音データの開示を命じた。さらに開示を怠ったとして、NHKと森下俊三経営委員長に計228万円を支払うように命じた。
弁護士「議事録隠し明らか」
 「非常に画期的な判決だ」。判決後、東京都内で記者会見を開いた原告団の沢藤大河弁護士はこう語った。判決は、NHKが「ない」としていた録音データの公開に加え、森下委員長が開示義務を怠ったことを不法行為と捉えて損害賠償も認めた。その2点への高評価だった。
---------------------------------------------------



にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

#5165 アガサの小説のシャドーイング Feb. 21, 2024 [49.1 英語音読トレーニング]

 アガサ・クリスティの小説"AND THEN THERE WERE NONE"をつかって、1/13から音読トレーニングしているのですが、173語/分ととてもスピードが大きいので、てこずっています。

 80%の138語/分に速度を落としてシャドーイングしてみました。この速度なら大丈夫です。チャンクの粒粒を紡ぎながらシャドーイングできます。10回ほどやって、85%(147語/分)にアップしてみたら、これもクリアです。

 前回のブログで予想した通り、速度を落としたら、この小説の朗読のシャドーイングやれます。チャンクを意識して、その粒粒の連なりで英語の語順通りに逐次処理的に理解していくトレーニングでもあるシャドーイングは、何か頭の中の言語処理系に変化を起こしそうな感覚がします。

 これからさらに3か月、高速音読と速度を落としてシャドーイングしてどのような効果が生じるのか、アップします。
 高速音読というのは1.0倍~1.2倍(173~207語/分)です。

 ああ、課題が見つかりましたね。やはりアップビート(弱勢)部分です。#5163で紹介した部分、シャドーイングでもコピーがむずかしい箇所です。逆に、初見でこんなに音の脱落があれば、音は正確に聞き分けられたとしても、元の文を復元できませんね。
---------------------------------------------------
 同じ音が連続すると片方が消える「音の吸収」例をアガサの小説から引いてみます。
 One of them must wait till the slow train from Exter gets in --- a matter of five minutes  --- there's one gentleman coming by that. ("AND THEN THERE WERE NONE" p.19)
 mとtがが二つ続いているところは「ンノブェイティル」と読まれています。アンダーラインのofは先ほどの例と同じで、音が脱落します。「ター( /ə/)・ファイヴ」
---------------------------------------------------

 "from Exter gets in"の箇所はリエゾンして「fro/mexter/gets inフローメクスター・ゲッツイン」に聞こえます。プレスタディしているから、復元できますが、これも初見なら意味の復元がむずかしい箇所です。いまはとても歯が立ちません。
 こういう事例にたくさんぶつかっていくうちに慣れてくるのでしょうかね。慣れると信じてトレーニングに励んだら、きっとよい結果が出ます。(笑)

<余談:英作文進捗>
 さきほど、1828ページ目をつくっていました。3月初旬には17500題の問題と解説集が完了しそうです。そのあとは3か月間、シャドー―イング三昧。4月中旬にはNHKラジオ英会話の音読回数が10,000回を超えるでしょうね。ここ数日はNHKラジオ英会話の方は音読が10%でシャドーイングが90%に変わりました。1か月遅れで5月中旬にはシャドーイング回数が10,000回を超えます。なにごとも10,000回繰り返したら、験が現れます。

<余談-2:ルーチン化>
 スキルが変化する都度、トレーニングメニューが変化します。今朝(2/21)のメニューです。午前中に50回音読&シャドーイングしました。
①プレスタディ:3~5分
②1.0倍(120語/分)でゆったり音読:3~5回
③1.1~1.3倍速(132~156語/分)でシャドーイング:~35回
④1.5倍速音読:~45回
⑤1.0倍速シャドーイング
 高速でやると、時間の節約になります。でも喋るときにはゆっくり言葉を紡ぐので1.0倍速(120語/分)での音読とシャドーイングも大切なのでしょう。


にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

#5164 シャドーイングとそのチェック Feb. 18, 2024   [49.1 英語音読トレーニング]

昨年10月半ばから4か月、ほぼ毎日NHKラジオ英会話の本文を使って英語音読トレーニングしてます。1月13日から、アガサ・クリスティの小説"AND THEN THERE WERE NONE"で朗読トレーニングを追加しました。こちらはNHKラジオ英会話(120語/分)の1.4倍、分速173語です。

 その都度課題を発見し、ひとつまた一つと課題を乗り越えながら楽しむことが長続きのコツのようです。
 いままでは、月~木までそれぞれ30回ずつだったのですが、先週からはNHKラジオ英会話の月~木曜日の4本の本文を月~木は50回ずつ、そして金・土・日と各10回ずつ読んでます。120語/分のものを1.2倍速で読んでいます。どういうわけかそのほうが文章が理解しやすいからです。一気に脳へ入力することで、意味のカタマリがそれぞれ粒立って聞こえてくるように変化しました。粒粒単位でつながって聞こえてきます。これは大西泰斗先生の「説明原則:説明は後」がたくさんの文例が脳に蓄えられたことによって体に沁みこんできたからでしょう。英文をそのまま受け入れて、逐次処理するようになりました。以前は少し複雑な文は「コンパイル」して構文解析なんてことをしていましたから、処理が追い付かなかったのです。英語の語順のまま、逐次処理で好いのです。そうすればリスニングはチャンクごとに粒粒が連なって聞こえてくるので、シャドーイングが楽にできるようになります。
 
 ところで、シャドーイングするためにはシャドーイングの速度以上で口が回らなければできません。だから、月~木曜日はテキストを見ながら1.2あるいは1.3倍速で高速音読トレーニングします。高速音読すると時間の節約になります。40回分の時間で50回音読してます。(笑)
 本文を見ないで、音声のみに頼るシャドーイングは金・土・日になるとようやくやれるようになっています。内容を理解したうえで、意味のカタマリに意識を置いて50回本文を読むことで、英文をしっかり理解できるようになっているからでしょう。今日はビートに意識を置いてトレーニングしました。定冠詞や複数形、あるいは前置詞、句動詞に注目して音読なんてこともやります。50回も同じ文章を漫然と音読ではあくびが出ますから、その都度テーマを変えて愉しく音読しています。

 実際のところ、"AND THEN THERE WERE NONE"の方は173語/分なので、こちらはまだシャドーイングはできません。ひたすら1.0倍で音読トレーニングしてます。これを1.2倍にして「207語/分の巡航速度」で読めるようになれば、この教材もシャドーイングが可能になるのでしょう。まだ当分先ですね。
 でも、173語/分の速度に口と耳が慣れてきたので、NHKラジを英会話を1.2倍速でシャドーイングできるのだろうと思います。テキスト見て、早口音読トレーニングしないと、144語/分の速度でシャドーイングは無理でしょうね。NHKラジオ英会話レベル(内容と速度)のものを、初見でシャドーイングできるようになったら、スキルがワンランクあがったことになるでしょう。
 無理しないで、まずは徐々に速度アップして高速音読に慣れていったらいいと思います。やりやすい箇所とやりにくい箇所があります。ビート(ダウンビート=強勢)の入るところはやりやすい、アップビート(弱勢)のところが、速度が大きくなって音が曖昧になります(リエゾン、音の結合、音の消失、音の変化などが頻繁に生じます)から、そのまま口でコピーしましょう。「完コピ」できているのか、録音して耳で確認する必要があります。そのためにICレコーダーが必要になりました。
 ビートの解説は#5163にしてあります。

 正しいシャドーイングのやり方はこちらのサイトを参照してください。
*「英語学習のテッパン、「シャドーイング」の効果と正しいやり方」

 NHKラジを英会話を1.2倍速で正確にシャドーイングできているか、そして速度の大きい英語の小説朗読のどこがうまくいっていないのかをチェックしたくなって、ICレコーダを探しました。中国製のものが安くて高機能ですが、スマホにつないだりして使う予定がないので余計な機能です。ICレコーダ分野でも中国製品は急速に高機能化が進んでいますし、価格も日本製品の1/3くらいです。amazonの評価投稿を見たら値段相応の品というのも散見され、結局日本製のものを発注しました。オリンパス社製品です。使ってはいませんが、店頭で手にした限りでは、カメラと双眼鏡は小型軽量なオリンパス製品大好きです。

OM SYSTEM WS-883 BLK 語学学習/講義録音/会議録音/議事録/リニアPCM録音/外部メモリ対応


B0C5LSBWNK

 単四乾電池2個で駆動します。MP3ファイルのトラックにインデックスがつけられる機能があるので、これにしました。シャドーイングチェック用だけでなく、アガサの小説の朗読トレーニングにも利用するつもりです。
 節単位でトラック分けされているので、1節が4ページにわたっていると、約800語ありますから、100語単位くらいでインデックスをつけたいのです。そうすると、クリックでその場所へ移動できます。
 そういう機能があるのはオリンパスだけでした。A-B間リピートやクイックリピート、DPCなど標準的な語学学習機能はもちろん装備されています。同じ価格帯でソニー製品がありますが、インデックス機能がないので、オリンパス製品に軍配を上げました。

 さて、これから、NHKラジオ英会話をベースにした英作文問題作成のために3月号を入力します。これが最後です。17500問題とその解説集になります。2月号まででA4判で1805ページあります。
 これが終われば、3か月間音読トレーニング三昧です。

<余談-1:朗読トレーニング>
 英文小説のシャドーイングは、1.0倍の173語/分で慣れたら、0.8~0.9倍にペースダウンしてシャドーイングするのがいいかもしれません。それなら本を見ずに追いつけそうです。0.9倍速でやれたら、1.0倍速でのシャドーイングは問題なくやれるでしょう。2段階がよさそうです。ビリヤードのテーブルの水平調整と同じ手順だ。経験したことは何でも役にたちますね。それもとんでもなく関係がなさそうなところでね。ようするに、作業手順という点では同じなのです。メタ認識です。(笑)

<余談-2:慣れの効果!>2/19午後追記
 NHKラジオ英会話の今日(月曜日)は、高校の音楽教師のスミス先生がウィーンへ旅行しているシーンです。女性ピアノ教師のストラビンスキーさんに「この路面電車は劇場まで行きますか?」と尋ねます。ウィーン生まれの彼女はアメリカ在住ですから、旅行で古里のウィーンへ来ているのでしょう。自分もピアノを教えていると話してます。会話はゆっくりです。
 テキストを見ながら2回音読したら、3回目は目を瞑って1.1倍でシャドーイングできました。20回目の時には1.3倍速でシャドウイングできるようになっていました。テキストを見ないほうが目が疲れないので楽です。
 プレスタディやっておけば、一回音読したら、2回目からはシャドーイングできそうです。たぶん、アガサの小説朗読をお手本にした高速音読の効果です。
---------------------------------------------------------------

Ms. Smith    : 
  Excuse me, is this the right tram for the theater?
Mr. Stravinsky:  Yes, this one takes you there.
Ms. Smith    :  Oh, your accent sounds American.
Mr. Stravinsky:
  Well, I live in America, but I was born here in Vienna.
Ms. Smith    :  Oh, wow!  It’s my first time here.
Mr. Stravinsky: 
  You’re going to love it.  If you love classical music, anyway.
Ms. Smith    :  I teach music at high school.
Mr. Stravinsky:
  Really? I’m a piano teacher. Do you enjoy teaching?
Ms. Smith    :
  Well, sometimes my students drive me crazy, but generally I do.
Mr. Stravinsky:  The same goes for me too.


---------------------------------------------------------------



にほんブログ村



nice!(0)  コメント(0) 

#5163 ビート(拍)と意味のカタマリそしてofの音変化 Feb. 17, 2024 [49.1 英語音読トレーニング]

<ビートについて>
 beatは日本語では「拍」と訳されます。たとえば、神社で「二礼二拍」しますが、二回礼をして、柏手を2度打つことをいいます。また、heartbeatというと「心臓の鼓動」のことです。
 強く読む箇所をビートと言いますが、ビート(拍)は強弱の組み合わせでできていますから、強い部分をとくにダウンビート、弱い部分をアップビートと呼んでいます。音楽では1小節が何ビートで構成されているかで二拍子、三拍子、四拍子、六拍子、ということになります。ビートを利かせるところが英語の音読は日本語の音読とまったく違います。

------------------------------------------------
 英語のビートは、音節の初めの子音から入ります。日本では音節の母音にアクセント記号を入れましたよね。実は、母音からではなく、その前にある子音から、ストレス(圧力)がズバッと爆発するように入るのです。この時に忘れてならないのが、英語のストレスは「音の高低」ではなく「圧力の強弱」だという点です。ですから、たっぷり息をお腹に吸い込んで、勢いよく、力強く、音を爆発させるように発音してみてください。

比較例Ⅰ
park, talk, idea, company, go, work, stay, entire, lifetime, continue, popular, notion

比較例2
And the idea that you could go to work for one company and stay there for an entire work lifetime (was a popular ...) continued to be a populer notion.
  『究極の英語学習法入門編 K/H System』p.74
------------------------------------------------
 この、子音を爆発するように出さないと、英語の音にならないのです。そこに集中してリスニングしたり、音読してみましょう。

 別の音読トレーニング教本からも具体例を出しましょう。
 This is just between you and me. I need to whisper in your ear.
 (これは内緒の話しです。耳打ちする必要があります)
 強・弱・強・強・弱・弱・強  弱・強・弱・強・弱・弱・強
(『UDA式英語の30音リズム』p.106)

 太字の部分がダウンビートです細字の部分はアップビートですから、軽くそして速く読まれます。アップビート部分は速くなるので同じ音の吸収、音の変化、そしてリエゾンされることが多くなります。速いから曖昧になります。このアップビート(弱勢)に慣れるのが英語音読のコツのようです。
 初めのうちはビート(ダウンビート=強勢)のみに意識を置いて、英語のリズムに浸るように音読するといいのです。そのうちにアップビートのコピーにすこしずつ慣れてきます。
 アップビート部分に単語の数が多いときは、力を抜いて曖昧に発音して高速で読めばお手本についていけます。一小節に16分音符がいくつも並んでいるようなものですから、精確に弾くのはたいへんでしょう?
 だからそこに集中してトレーニングする必要があります。アップビート部分が精確にコピーできているかどうかは、自分の音読を録音して確認したらいいのです。弱点がわかりますよ、だからその部分を徹底的につぶしてしまいましょう。

<意味のカタマリ(=チャンク)について>
 意味のカタマリを意識した音読例を示します。意味のカタマリの区切りにスラッシュを入れます。
 Mr. Blore was / in the slow train / from Plymouth. There was only one other person / in his carriage /, an eldery seafaring gentleman / with a bleary eye. At the present moment / he had dropped off / to sleep.
 (ブロアはデヴォン州の港町プリマスで、この鈍行列車に乗った。乗客はブロアのほかに一人きり。目をとろんとさせた、船乗り風の老人だ。いまのところ眠っている。)
 Fpur voices gave assent/ --- and then / immediately afterwords / gave quick / surreptitious glances / at each other.

 (グループの4人が同時にそうだと答え---そしてすぐに、互いの顔をちらちらと伺った。)

 アガサクリスティの小説の1章第8節と2章第1節から引用しました。
 意味のカタマリをチャンク(chunk)といいます。チャンクを意識して読むと、英語は聞きやすいのです。なぜなのかは、日本語を例にとるとよくわかります。正岡子規の句を一つ挙げます。
 くれなゐ二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる...『声に出して読みたい日本語』p.128
 表意文字の漢字が混ざっているので意味がとりやすいし、読みやすいのです。これを英語と同じように表音文字の平仮名で書くと、読むのがたいへんになります。

 くれないのにしゃくのびたるばらのめのはりやはらかにはるさめのふる

 五七五七七の短歌ですから、区切りがわかります。区切りを間違えて読むと、
 くれないのに(?)しゃくのびたるば らのめのは りやはらかには るさめのふる

 こんな読みかたされたら意味がつかめません。英語も同じです。ナレーターはチャンクごとに小さな休止を入れて聞きやすいように読んでます。
 だから、「チャンクを意識して読む」ということは、「チャンクを意識して聴ける」ということです。意味のカタマリが英語のまま耳に入ってきますから、脳は意味を理解するという処理がずっと楽になります。読まれたままにカタマリごとに逐次処理していけばいいだけですから。

 高速音読が好いのは、チャンクごとの切れ目がよくわかることと、速いので長めの文でも丸ごと一時記憶が維持できることです。文の意味理解にとっても役に立ちます。英作文の時でもチャンクになって英語の句が浮かんでくることが増えます。

<ofの音の変化について>
 次はofの変音について分かったことを書いておきます。
 The driver of one of the taxis stepped forward.
 of weak form /əv/ , strong form /ɒv/  

 ofは「オブ」と読まれますが、弱勢では /əv/、これがアップビートになると /ə/になります。

 driverは
 driver /ˈdraɪ.və r / /-vɚ/  
 ですから、後ろの「 /ə/」とofの「 /ə/」が同じなのです。それで、同じ音は片方が消えますので、この文章を読み上げるときにナレーターはちょっとだけdriverの最後の「 /ə/」が間延びしてます。「ドライバー( /ə/)」アップビート箇所でなければこのようなことが起きません。


 同じ音が連続すると片方が消える例をアガサの小説から引いてみます。
 One of them must wait till the slow train from Exter gets in --- a matter of five minutes  --- there's one gentleman coming by that. ("AND THEN THERE WERE NONE" p.19)
 mとtがが二つ続いているところは「ンノブェイティル」と読まれています。アンダーラインのofは先ほどの例と同じで、音が脱落します。「ター( /ə/)・ファイヴ」

 
 さて、英語のビートに身をゆだねる音読、チャンクを意識してする音読、アップビート部分の音の脱落やリエゾンに意識を置いてする音読、同じ文章を50回読むのでも、視点や意識の置き方を変えてやれば、ちっとも退屈なんてしません。すべてがカチッとお手本と一緒になる瞬間がありますからそこが気持ち好いのです。
 そこをクリアできたら、自分の味付け、間の取り方、リズムで読んだらいいのです。個性的な読みかたに到達できたらいいですね。

<余談-1:bleary eyeと bleary eyes>
 "with a bleary eye" この部分はeyeが単数になっています。ヘンだと思いませんでしたか?片目だけがとろんとなっています。書いてはいませんが、もう片方の目はとろんとしていないということ。この船乗りは酔っぱらっています。でも、この時はまだ酔いが完全には回っていないようで、2ページあとで列車を降りる時には完全に酔いが回ってしまったようで次のように表現されています。
  He raised a solemn hand and blinked his bleary eyes.
 (片手を厳かに上げて、とろんとした目をしばたいた)
  今度はしっかり両目がとろんとしています。酔っぱらって眠りこけて、降車駅が近づいて慌てて間を覚ましたのですが、すっかり酔いが回ってしまって両目ともとろんとしていたというわけです。翻訳者泣かせな表現です、日本語では「とろんとした両目をしばたいた」なんて言いません、やはり「とろんとした目をしばたいた」としか訳せないのです、わたしにも代案はありません。翻訳者の青木久恵さんも、訳文にはこのニュアンスが表現できていません。まあ、これでいいじゃないかというわけです。だから、できたら原文で味わってみる醍醐味があるのだと...



にほんブログ村
 
究極の英語学習法K/H System (入門編)

究極の英語学習法K/H System (入門編)

  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2001/06/25
  • メディア: 単行本
And Then There Were None: The best-selling murder mystery of all time (Agatha Christie Collection) (English Edition)

And Then There Were None: The best-selling murder mystery of all time (Agatha Christie Collection) (English Edition)

  • 作者: Christie, Agatha
  • 出版社/メーカー: HarperCollins
  • 発売日: 2010/10/14
  • メディア: Kindle版

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -