So-net無料ブログ作成
87.根室の話題 ブログトップ
前の10件 | -

#4097 教育講演会開催10/28案内:大越拓也 Oct.8, 2019 [87.根室の話題]

<最終更新情報>
10/9朝8時半:元釧路市教育長角田さんのエピソード挿入


 釧路の大越さんというと、全国で3人公務員アォードを受賞した中の一人である。「釧路鳥取てらこや」の活動を通じて地域の子どもたちの教育に数年にわたって貢献したことが授賞理由だった。当時のかれは釧路市立病院職員だったが、受賞後釧路市議となっている。釧路へ行くたびに、一緒に酒を飲む仲間の一人だ、だから、かれの教育への思いとふだん何をやっているのかすこしは知っている。
*釧路鳥取てらこや
https://www.facebook.com/kushirotottori.terakoya
 「寺子屋」のほかに釧路子ども未来塾というのがあり、大越さんのお仲間が何人もバックアップしている。学校の現職の先生も、退職した先生も、教育行政の幹部職員も参加している「事業」である。
*くしろ子ども未来塾
https://www.facebook.com/Kushirokodomomiraijuku

 わたしが不思議に思うのは、毎年何人かの教員の方たちが退職しているが、根室ではお一人もこういう活動に参加していない事実である。教育の地域貢献に一番適しているのは退職後の教員であることは論を俟たない。
 いや、根室だって、市立病院の職員のどなたか、あるいは市役所職員の方が始めたっていい。漁師の後継ぎの中にも頭のいいのはいる。市教委のメンバーのみなさんでもいいし、根室の子どもたちの学力低下に危機感をもった教育長がいるとしたら、退職後そういう活動をしてもいいはず。地域の子どもたちの教育への関心が薄いのだろう。「てらこや」も「こども未来塾」もそれぞれ教育に特定の問題関心をもった人々が集まって始まった。

 2002年11月にふるさと根室に戻って、この16年間ずっとみているが、教育長を拝命した方で、退職後根室へ定住した方はお一人もいらっしゃらない。判を押したように退職後すぐに根室を去られる。そういう根室市教育長に退職後地域貢献しろというのは無理な話である。どうぞ、前任者の通りにすぐに根室を去られたらいい。根室市民はとっくにあきらめている。いや、一部の人たちがあきらめているのはたしかだが、もともと教育問題やこどもたちの学力低下への危機感、あるいは関心がうすいのだろう。「釧路の教育を考える会」(2011年9月23日設立)会長の角田憲治さんは元釧路市教育長である。もう80歳を過ぎたが、わたしたちのわがままを受け入れ、会長職を続けてくれている。ありがたいことだ。教育行政とのパイプは結局は人脈である。会が発足して間もなくのころ、酒を飲みながら、副会長の三木さんの目をじっと見てから、一呼吸あって、「現職時代に(敵として)まみえたかった」と云った。感激してたね、三木さん。角田さんは辣腕の教育長(教育長の前は経済部長職)だった。わたしは角田さんの向かいに座ってそのシーンを見ていた。そのときにこの会は強力なものになると確信した。角田さん、さまざま役職を抱えているので、整理をはじめたのだそうだが、釧路の教育を考える会の会長職だけは終身ということで、わたしたちのわがままを聞き入れていただいている。

 「先ず隗より始めよ」というではないか。教育の社会貢献はまず根室市教育長と市教委からはじめよ、中国の故事成語はそう諭している。馬耳東風、猫に小判。
 講演会要旨をよく見たら、当講演会の共催者は根室市教委である、なるほど、根室の教育改革がはじまったか。16年間待っていたよ。熱烈歓迎である。根室市教委が生まれ変わりそうだから、根室市民のみなさん、ぜひ大越さんの講演会へ出向いてください。
 根室市議会文教厚生常任委員会のメンバーの皆さんは出席して、根室の現状をどのように改革すればいいかお考え下さい。

 きっと面白い講演になるでしょう、釧路市教委学校教育部大山教育指導参事も釧路の経験を踏まえて太鼓判を押していらっしゃる。コミュニティ・スクールは軋轢があってよくなる、軋轢を避けてはいけない。教育改革には軋轢が生じます、それでいいのです。ebisuが何を言っているのかは講演をお聴きになればわかります。(笑) 
 根室市教育長や市教委のメンバーとは一度もお酒を飲む機会がありませんが、釧路市教育長や学校教育部長、そして大山さんとも年に一度は一緒にお酒を飲む機会があります。教育政策に関して忌憚のない意見交換はします、立場がありますから、当方の意見は「聞き置くだけ」です、それでいい。そのあとでの飲み会です。酒が始まったら教育論議はしません、愉しく呑むだけ。釧路市教育長や市教委はオープン・マインドなんです。市教委と地域の教育に関心のある人たちとの在り方としてはなかなかいい。釧路市教委は「教育村」という壁を取り払う努力してます。


日時:10/28 午後7時から8時40分まで
場所:根室総合文化会館 多目的ホール

(字が小さくて読みづらい場合は、「Ctrl」コントロールキーを押しながら、「+」キーを2回押すと画面が拡大できます。元に戻すときは「Ctrl」と「-」キーを押してください)


画像に含まれている可能性があるもの:テキスト



*根室の教育の現状は学力テストのデータを掲げて解説した。市教委は普段の学力テストデータを集計し、ホームページ上で公表してもらいたい。それだけでも教育への多大な貢献ができる。理由は以下のブログ記事に書いてある。
#4096 学力テスト総合A:17校データ比較 Oct. 5, 2019
https://nimuorojyuku.blog.ss-blog.jp/2019-10-05


にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

#4087 第27回根室さんま祭り9/21・22 Sep. 23, 2019  [87.根室の話題]

 根室さんま祭りが9月21日と22日に開催された。天気がよかった。今朝(9/23)の、北海道新聞によれば、
主催者によると、来場者数は昨年より2100人少ない1万6500人。不漁の影響で格安の箱売りを例年の半分の意箱2キロに減らし、予約販売に変更したことが影響したとみられる。

 土曜日に中標津空港へ女房殿を迎えに行った。はなまる中標津店で食事して、帰り道、厚床を過ぎてからたくさんの道内ナンバーの車とすれ違ったから、根室市の外から来た人は多かったのではないか。脂が載っていないし、鮮度がいまいちなことを知っていた根室っ子の参加が少なかったのかも。
 たりなくて冷凍さんまも使ったという話を耳にした。真偽のほどは定かでないが、ほんとうなら、とても残念なことだ。観光客は水揚げ日本一の根室で、船から陸揚げされたばかりの生秋刀魚を炭火で焼いて食べられると思ってきたのだろうから。来年のさんま祭りの観客動員数にどのような影響が出るのか関係者は心配しているのではないか。
  活きがよけりゃ炭火で炙った秋刀魚の味は絶品である。わたしは毎年この旬の到来が待ち遠しい。

 根室の近場の沖合で獲れる「日帰り秋刀魚」とは違って、600㎞も離れた公海上で獲れた秋刀魚は、獲ってから水揚げするまでに時間がかかり、鮮度がかなり落ちてしまうのが実情だ。昨日2度目の生秋刀魚を食べたが、脂っけなし、まるで一日たった秋刀魚のようで鮮度はよくない、110-120gの細長い秋刀魚だった。
 秋刀魚は大好きだから、それでも、旬の秋刀魚を焼いて食べられるのはうれしいしありがたい。市内の鮮魚店ではあまり仕入れていないようす。根室っ子は舌が肥えているから、鮮度の下がった秋刀魚の味には敏感だ。これではあまり売れない。美味しい根室産のサンマを食べてもらいたいから、日帰り秋刀魚の入荷をまっている。早く獲れてほしい。水産加工場もこのままでは原料確保ができないだろう。

 中型漁船(100トン未満)で600キロ離れた波のうねりの強い漁場まで行くのはリスクが高い。大樹町漁協の中型漁船(第65慶栄丸29トン)4-5mの横波で転覆し、乗組員捜索中のお祭りとなった。乗組員の中には根室市民が3人含まれていた。操舵室で一人見つかっただけで、他の乗組員は行方不明。捜索は昨日打ち切っている。水温が低いから生きていることはないとの判断だろう。生きとし生ける者たちにはいつか死が訪れるが、このようにある日唐突に亡くなる人がいる。その日がいつか知らぬだけで明日は我が身かもしれぬ。
 乗組員のみなさまのご冥福をお祈りします。

 近海は不漁だから、危険を承知で600㎞も離れた公海まで中型船で漁に行っている。燃料代に数百万円かかっているから手ぶらで戻るわけにはいかない。「秋刀魚は代わりがきかない収入源、取りに行かなければ生活が成り立たない」という深刻な事情がある。近場のロシア海域に3度出漁するも秋刀魚の群れが見つからなかったという船主もいる。
 中型船でおなじ海へ漁に出る船の乗組員のみなさん、ほどほどに秋刀魚をとって無事に戻ってください。

 「漁業情報サービスセンターによると、全国のサンマの水揚げ量は10日現在、前年同期比8割減の2007トン。統計を始めた1973年以降で最低だ。漁場は根室市の花咲港から約千キロ東で、担当者は「北方四島から北海道・東北の周辺に漁場が形成されていないのが今年の特賞。道東沖を南下する群れが全然いない」と説明する。
 10月になったら脂ののった150gくらいの秋刀魚がたくさん獲れてほしい。5年前には今の時期には180g/尾が普通だった。

 60年前には脚を開いてもつと1.2mもの大型のタラバガニをたらふく食べられた。そういうタラバガニが市内の蟹屋や鮮魚店から姿を消して何十年たつのだろう。大衆魚である秋刀魚がタラバガニの二の舞にはならないでほしい。漁獲量が多くて無限にあるように見えても、しっかり漁獲制限をしていないと、水産資源はみるまに枯渇していく。

  根室の水産資源の枯渇化の歴史を俯瞰してみると、
  タラバガニ ⇒ 紅鮭 ⇒ 秋刀魚
 最後に残っていたのが大衆魚の秋刀魚だった。どれも獲りすぎた結果。乱獲すれば資源は枯渇する。お金になる順番に枯渇していった。もっと金儲けをしたいと、もっともっとという欲望が抑えられなければ、資源はなくなる。もう後はない。金額が張り、漁獲量が大きい魚種は根室には他にないのである。北海道沿岸の他の水産都市と変わらないことになる。いままで資源が豊かだっただけに、養殖技術が他の市町に比べて数十年遅れている。


nice!(1)  コメント(0) 

#4071 根室桂木浜に鯨漂着:20mほどの体長 Aug. 26, 2019 [87.根室の話題]

 桂木の浜に鯨が打ち上げられていたので、写真を撮ってきた。大きい。昨日はなかったから、今日打ち上げられたようだ。皮が正方形に切り取られていますが、漁業関係者か水産試験場の人が、サンプルに切り取ったのかな?鯨の種類がまだわかりません。明日の新聞に載りそう。

<続報>8/27、8時半追記
 今朝の北海道新聞根室地域版によれば、クジラの種類はマッコウ鯨、体長17.8m、推定体重40-50トン。根室市港湾課の調査だそうだ。25日に打ち上げられ、市民から連絡があったと書いてあった。女房殿は3時半ころに桂木海岸まで散歩しているが、25日には気がつかなかったと言っているから、打ち上げられたのは夕方であったのかな。子どもたちが5人ほど砂浜で遊んでいた。札幌ナンバーの車が2台停車していたそうだ。
 羅臼で鯨の観測をしていた長崎大学の調査チームが研究用に皮膚の一部や歯を採取している。死骸から採取する分には問題が起きないから、千載一遇のチャンスだったわけだ。
 どうやら、死んでから桂木海岸に打ち上げられたようだ。腐敗臭がし始めているので、今日中にも埋めてしまう。
 この鯨はなぜ死んだのだろう?埋める前に、せめて胃の内容物を調べておきたかった。レジ袋やペットボトルが見つかったかもしれない。口を開けて餌を捕食するときに、海上に浮いているものが口の中に入るからだ。

 
①食べたらおいしいのに…もったいない
SSCN3086.JPG

②体が腐っていく、だれか食べてくれ…
SSCN3087.JPG

③右側に映っているトラックと大きさを比べてください
SSCN3088.JPG


SSCN3089.JPG

⑤ドラッグすると全画面が出ます。左側が頭部で、右側が尾ひれです。
根室高校の壮行歌の一節に「潮に鯨をゆあみして、あらまーおやまー」があった。昔はもっと鯨がいたのだろう。
SSCN3090.JPG



nice!(2)  コメント(4) 

#4048 今夏ついに根室も30度越え July 28, 2019 [87.根室の話題]

 今朝7時に24度もあった。今年はじめての30度越え。正午に30.8度、湿度57%、先ほど車庫前と庭に打ち水をした。
 地下酒蔵の室温をチェックしたら14度、酒の保管にはベストだ。
 青いボトルのYEBISUプレミアム・エールがちょうど飲み頃。

 酒の肴は、千歳の従妹・えっちゃんからいただいた地元の工場でつくっているハムと雪印のクリームチーズ。
 久しぶりに昼から飲んでいる。極楽極楽、お釈迦様も蓮池のほとりを散歩していらっしゃる。ハマナスの蕊からはいい香りがあたりに漂う、けだるい午後のことでございます。
 胃がないわたしは350mlの缶ビール一本で十分。飲んだらすぐに酔いが回り、飲み終わって小一時間で酔いがさめる。


にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0) 

#4047 鳥取小学校夏休みのイベント:肝試し July 28, 2019 [87.根室の話題]

 今年初めて、朝7時から24度もある、根室に夏が来た!夏といえば肝試し!

 今回はお隣の釧路市の小学校で毎年恒例となっている「肝試し」イベント、涼しいお話です。
 公務員アォードを受賞したことのある、釧路市議大越さんのFBに標記イベントの写真が四枚アップされていた。
--------------------------------
校舎内での肝試し。真言寺阿部住職によるお経でスタート。今年もリタイア続出でした。
--------------------------------

  校舎内で、蝋燭だけを灯して、薄暗い中でお坊さんがお経をあげます。参加した生徒たちはそこへ一人一人行くのかな。あとで、校庭に集まって、線香花火で遊んだようです。
 お坊さんの協力があって、PTAと先生たち数人の協力あってのこと。なかなかユニークな企画です。
 日の照っている間は、校庭でカレーライスをふるまっている様子が写真に収められています。肝試しは夜の部、鳥取小学校が毎年やっているイベント、だれが言い出して始めたのか、知恵絞ってるな。(笑)

*釧路市鳥取小学校
http://www.kushiro.ed.jp/tottori-e/?page_id=31
 夏の肝試しイベントは、ホームページに掲載ありませんでした。


にほんブログ村


nice!(1)  コメント(0) 

#4041 光洋中学校体育祭 July 21, 2019 [87.根室の話題]

 体育祭が始まってから30分ほどすると霧が小雨に変わり、1時間ほどすると雨が上がった。庭へ出ると声援が聞こえてくる。
 朝9時の気温は17.5度、最高気温は18.6度、まずまずの体育祭日和だろう。
 光洋中学校は生徒総数は195名、教員数23名の規模、団塊世代のころは生徒数1500名のマンモス校だった。
 ずいぶん規模が小さくなったが、いいこともある。小雨が降るのを予測してか、グランド内に23張りのテントが設営されていた。ちゃんと気を使っており、見学の邪魔になる前の方に設営した人はいない。生徒数も保護者の数も少ないから、あんなにたくさんテントを張ることができる。54年前は生徒の数も保護者の数も7倍、グラウンドを埋め尽くしていた。生徒の待機場所はグランド横の空き地だった。要するにグラウンドに収容しきれなかったのだ。
 例年はテント10張りくらいだから、今年は倍以上だ。午前中は傘をさして見物していた人が多かった。時代が変われば体育祭の見学のスタイルも変わる。

 小雨だったので昼の食事を30分ほど前倒ししたようす、臨機応変、なかなかいい判断だ。
 午後は雨が上がって曇り空になったので見物に行ってみた。大縄跳びと玉入れ競技を見て来た。
 大縄跳びは、縄をもって回す人次第に見えた。自分の足元まで縄を下げ、それから大きく上にもっていって回せたら、成功回数が伸びる。
 うまくやると連続して30回ほど跳べるが、たいていは5回以下だった。上手なチームの縄の回し方をビデオに撮ってトレーニングすれば、50回の記録が出せるかもしれない。一生懸命やっていたから見ていて楽しい。

 玉入れのバスケットは3つ、学年ごとに二組に分かれてやり、保護者が三組目で競争だった。2年生のときに保護者グループが、球を数えているときに横倒しになっているバスケットへ何度も玉を放り投げていれていた。審判の先生は、「保護者のグループに反則行為がありましたので無効とします!」と宣言。たとえ保護者でも、ダメなことをはっきりダメという、いいジャッジだった。こういうことは言いにくいものだ。

 一人気になっていた生徒がいたが、元気に玉入れ競技に参加していた。だいぶ外側から投げていたから一つも入らない、ちょっとぶきっちょ、楽しそうだった(笑)

 ブログをタイピングしているときに、終了を告げる花火が上がった。午後2時29分、生徒も先生も保護者のみなさんも、ご苦労様。
 カメラを持参しなかったので、文字だけでの報告、相済みません。

 これから参議院議員選挙の投票に出かける人も少なくないだろう。わたしは8時半ころ投票してきた。例年光洋中学校が投票所となっているが、体育祭とバッティングしたので、元保育所へ変更になった。



にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

#4034 根高学校祭野外パフォーマンス:雨で体育館開催 July 13, 2019 [87.根室の話題]

 根室高校は昨日から学校祭が始まった。
 昨日の合唱コンクールに続いて、今日は明治公園で全学年クラス対抗の野外パフォーマンスが行われる予定だった。朝からの雨で体育館へ場所の変更、狭いので、保護者も近隣の住民も見学できない。1年生の保護者は初めての野外パフォーマンスに期待していただろうな。3年生は高校生活最後の野外パフォーマンスだった。天候が悪いのは仕方がないけど、あ~あ、です。楽しんでみながら自分の子どもを応援したかった保護者のみなさんがかわいそう。これは「自然災害」ですね。

 仮装して踊るから、衣装づくりに毎年力が入る、女の生徒たちがそれぞれ作業分担し、ミシンの得意な生徒がつくる。なかには、ネットで型紙をダウンロードして、本格的に作る生徒もいる。身に着ける小道具もせっせとつくっていた。
 ダンスは蚊に刺されながら夕方明治公園で練習に励んでいた。近くに池と小川があるので藪蚊がいる。振付を決め、クラス全員が息を合わせて練習できるところまでもっていくのはなかなかむずかしい。
 同じクラスの一人一人のこころを大事にしながら、合唱、ダンス、衣装制作、催し物の準備と、みんなで協力し合うのはとってもむずかしいことだが、そういう経験が大人になってから生きてくる。だから、準備過程も大いに楽しんだらいい。今年うまくいかなかったら、来年もう一度頑張ればいい。
 3年生は来年ないね、高校生活は一度っきり、貴重な3年間だ。学校祭が終われば、自分の進路へ向けてまっしぐら、残りの半年間一生懸命勉強しよう。あ、8月9-11日の金刀比羅神社のお祭りがあるか。7月下旬からお囃子の太鼓や笛や金棒の練習が始まる。

 踊る生徒たちにも、保護者にも、そして一般の見学者にとっても今日は恨めしい雨、こればっかりはどうにもできません。
 外は雨でも、生徒たちは体育館で力いっぱい弾けたのだろう、頭の中で笑顔で踊る生徒たちを想像するしかない。来週、写真や動画を生徒たちがもってくる。
 来年は、「晴れろ!晴れろ!晴れろ!」、言霊が天に届いて、来年の学校祭は晴れだ。明治公園の芝生の上のパフォーマンスを期待したい。


にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

#4007 朝7時から24.0度を記録:根室の観測史上最高気温更新中 May 26, 2019 [87.根室の話題]

 朝7時に24.0度、5月にこんな球が黄な気温上昇は極東の町根室では初めてかもしれない。
9時の気温26.8度、生暖かい南風が吹いて異様な暑さだ。
 庭では一番遅咲きの桜が開花し始めた。

SSCN2798.JPG

②青空に露出があってしまって、桜の花の露出がアンダー、コンデジでもちゃんと調整しなきゃいけないということ
SSCN2799.JPG


SSCN2800.JPG


SSCN2803.JPG

⑤露出補正後の一枚
SSCN2815.JPG

アッツ島の桜だと言っておふくろが植えた桜の苗木だったが、ほんとうにそなのか、あるいは桜ではないのか定かでない。千島桜に遅れること11日目、朝から気温が24度もあったので開花した。
まったく異性に関心のなかった生徒がとつぜんに恋に目覚めて、心の中に花を咲かせる、ほほえましい。恋の命は桜花と同じように短い。パッと咲いてサッと散っていいのである。皆さんそれぞれに覚えがあるだろう。

 根室は西側に山がないからフェーン現象が起きないところなのである。オホーツク海と太平洋を分けるように突き出した半島だから、こんなに急激に気温が上がることはない。まことにめずらしい気温上昇なのだ、11時44分最高気温34.0度、これって根室で観測されたデータが130年以上あると思うけど、観測史上最高気温だと思う。過去7年間の5月のデータでは2016年5月22日の26.5度が最高。
*https://weather.time-j.net/Stations/JP/nemuro

 今日のサイクリングは中止だ。



にほんブログ村



nice!(0)  コメント(0) 

#4005 タンポポ畑と野生の鹿:くつろぎのひと時 May 25, 2019 [87.根室の話題]

 正午にニュースが始まった。トランプ米国大統領が夕方には到着するというので東京はずいぶん騒がしくなっている。
 12時の気温は18.7度、南風5.7m/s、湿度52%、極東の町も暖かい。
 家の前には中学校のテニスコートがある。道路とコートの間にある緑地帯はタンポポ畑になっている。そこへ鹿が3頭、のんびりくつろいでいる。

 「ある日のことでございます。お釈迦様は極東の町にあるテニスコートの縁を、独りでぶらぶらお歩きになっていらっしゃいました。テニスコートの周りの歩道脇に咲いているタンポポの花は、みんな玉のように、真ッ黄っ黄で、その周りには鹿がくつろいでおります。ああ、一頭が桜の葉っぱを食べ始めました、極東の町はちょうどお昼飯時なのでございましょう。」

①まるでタンポポ畑
SSCN2778.JPG

②くつろぐ鹿
 目が大きい!わざとらしくて鹿の剥製を置いているみたいだ。
SSCN2777.JPG

③桜の葉を食べる鹿、動物園みたい(笑)
 この桜の木は10日前(5/15)は満開でした。
SSCN2779.JPG




にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

#3996 散り始めた桜とまだ蕾の桜 May 17, 2019 [87.根室の話題]

 朝は7.8度だったのに午後2時には15.8度まで気温が上昇した。庭の桜が散り始めた。

 *画面の表示サイズは自在に拡大・縮小できます。画像だけでなく、文字も同時に大きくなったり小さくなったりします。Ctrlキーを押しながら「+」キーを押すとその都度拡大されます。Ctrlキーを押しながら「-」キーを押すと、縮小されます。

①土の上の花びら
SSCN2750.JPG

② 露出不足の写真になってしまった(笑)
SSCN2747.JPG
 桜の木の中から空を見上げるとこうなる。

③アッツ島の桜
SSCN2748.JPG
 これも桜だが、まだ赤い蕾のまま細い枝を風に揺らせている。開花は1週間後だろうか、それとももう少し後だろうか。
 根室から1500キロほどの北太平洋上に浮かぶアッツ島の桜だそうだ。ここで米兵と戦って2638名が戦死、26名が捕虜となって生き残った。生存率1%未満、文字通り玉砕している。おふくろは「アッツ島で兵隊さんがたくさん亡くなったから」と満州で侵攻してきたソ連軍と戦って戦死した兄をしのんで20年ほど前に庭に植えた。ソ連兵と戦って死んだ兄もアッツ島で米軍と戦って玉砕した数千人の日本人将兵も、おふくろにとってはかわりがないのである。
 アッツ島の玉砕がなければ米軍は北方領土を伝って北海道へ侵攻しただろう。お袋のふる里である択捉島の住民も国後島の住民も歯舞群島の住民も、沖縄が戦場と化したようにたくさん亡くなったに違いない。兵隊さんたちどうもありがとうと心に念じて植えたのだ。
 あらためて①の写真を眺めたら、土の上に散った白い桜の花びらが兵隊さんに見える。


④つつじ
SSCN2749.JPG
 鉢から植え替えて2年目のつつじである。ようやく青い葉がでてきた。

*アッツ島の戦い
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84





にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 87.根室の話題 ブログトップ