So-net無料ブログ作成

#2332 19~29歳対象 根室市アンケート 異常に低い回収率13.2% Jun. 16, 2013 [87.根室の話題]

 根室市がアンケートを実施した。年齢層は19-29歳、2423人が対象で、回収率は13.2%、たったの324人しか回答がなかった。これでは回収率が低すぎてとても同年代を代表する意見とはいいがたい。
 新聞の見出しは適切だろうか、そしてなぜこんなに回収率が悪いのだろう、二つの疑問がわいた。
6月13日北海道新聞根室地域版より
===============================
「生活に満足」若者6割超
 市アンケート
  少子化や医師不足 
    マチの将来に懸念も
【根室】根室の若者は64.2%が現在の生活に満足している一方、市の未来が「」明るいと思う」と答えたのはわずか10.5%-。こんな結果が市が初めて行った若者の生活満足度や就業意識などに関するアンケートで浮かび上がった。「人口減少が止まらない」「仕事場が少ない」などの意見も出された。市は今後の施策形成や事業展開などに利用する。(丸山格史)

 19歳から29歳の市民2432人を対象に1月から2月にかけ、アンケート用紙を送付して行われた。324人が回答、回収率は13.2%だった。
 生活満足度は「十分に満足している」が5.2%、「満足している」が59.0%と過半数を占めた。「あまり満足していない」は21.3%、「全く満足していない」は14.2%にとどまった。
 転職については「満足しており考えていない」が32.7%ともっとも高かったが、「機会があれば転職したい」も21.6%に上った。
 全体の70.1%を占める未婚者への設問で「結婚したい」と回答したのは84.1%。「子供がほしい」「安らぎが得られる」などの理由が多かった。「結婚したくない」は13.2%で、経済的な理由が原因。結婚したい年齢は、25歳以上30歳未満が41.1%と最も多かった。
 「根室市の未来」を明るいととらえない若者は80.6%に上った。多くが「人口減少による少子高齢化」「医師の減少」を挙げた。
 しかし、「今後も住み続けたいか」との問には「はい(37.3%)」が「いいえ(25.9%)」を上回った。
 調査結果に市総合政策室は「若者は満足度が高い一方、将来について不安を抱いていた。アンケートで人口減少や医師不足といった課題を数字として表すことができた。コンボの対策に生かしたい」と話している。 
===============================

【ebisuの辛口コメント】
 13%の回収率は以上に低いのだが、その原因について市の総合政策室は何も言及していない。
 5月の終わりに根室市から「根室市新長期総合計画策定に係る「市民意識調査」へのご協力お願い」が送付されてきた。全部で9ページのアンケートである。
 適切な選択肢が見当たらないケースの多い項目に丸をつけるのは抵抗があることだけはあらかじめ書いておく。適切な選択肢がない場合は各項目の末尾に「その他」があって、意見を書くようになっている。15項目の各条項に答えた後、16項目目は「根室市のまちづくりについて、ご意見・ご提案やアイデアがあれば、自由にご記入ください」とある。
 このアンケートには市政に対する批判的な選択肢が一つもない

 おそらく若者向けに発信されたアンケートもナカミは似たような形式ではなかっただろうか。

 中学生で見ると平均点が30点(百点満点換算)の学力低位層は3割いる*。その層は日本語読解力が小4程度だからこういうアンケートはみただけでほうり投げるだろう。まず読まない
 この3年間で全道14支庁管内最低レベルの中学生の学力はさらに一段低下したから、十年後に同じアンケートをとれば回収率はさらに低下して10%を割るかも知れぬ

*#2143 データと分析(5) 学力テスト総合Cから根高普通科への合格基準点を推計してみる Nov. 29, 2012 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-11-28

 3割を占める学力低位層には失業中の者やアルバイトが多いのではないだろうか。親に寄生している若者が増えていると聞くが、そうせざるを得ないほど根室に職が無くなってきているのも事実だろう。学力上位層だって正社員の職につくのに苦労している者がすくなからずいる、働きたくても正社員の職がなく、キャリアにならぬアルバイトを探して正社員の職を求める、この5年くらいますますいやな世の中になりつつある。ありもしない経済成長なんて追い求めるからこんなことになる。経済縮小を全体に鎖国をすればつましくても幸せに暮らせる国を造れる

 2040年には人口は18000人に縮小するから、商店街も飲食店街もいまよりなおいっそうさびれ、4店あるスーパも半分になるだろう。水産加工会社やそれ以外の業種の会社も半減する。いま職のある20代の人も2040年には50前後だろうが、職を失っている人がたくさん出る。地元企業がつぶれて職を失いふるさとを離れなくてはならない人々が続出するだろう。社会保障・人口問題研究所の地域別人口推計によれば、2010年の根室市の生産年齢人口(15~64歳)は17,903人だが2040年に9,176人へ半減する。若い人こそ根室の将来に強い危惧を抱いている

 裏返すと地元企業経営者の経営能力に懸念を抱いているということ。従業員達から人口縮小に向けて適正な経営戦略を構築できないだろうと思われている。
 地元企業の経営者も根室という池の中に棲む魚だ。子どもたちの学力が全道最低レベルなら、地元企業経営者の経営能力(基礎学力)も全道最低レベルという假定が成り立つ。なんとかしないといけないだろうが、企業経営者に自覚はあるのか?
 謙虚に企業経営に関する基本的な学習をすべきだ。決算情報を従業員に公開し、年次予算を作成して夢を語れ。少し規模が大きくなったら、月次決算をして月次予算実績対比表を従業員に公開すべきだ、そして経理規程や退職金規程などの規程類を整備していけ。そうすることで働く者に安心と希望が生まれるだろう。
 内向きの似た者同士が集まり徒党を組むのが一番いけない、異質な者・異質な意見を受け入れ素直に学んだらいい。問題に正面から取り組めばクラッシュは避けられるし、人口減少の影響も最小限に抑えることができるだろう。
 「売り手よし、買い手よし、世間よしの三方よし」

 市民の声に背を向けた市政にあきれ、マチの将来に希望をなくする若者も増えているのではないか
 病院建て替え問題(コンサルタント提案の2倍の総事業費)でも、老健施設への市の異常な補助金支出(国基準の15倍)も、明治公園の再開発も、一般市民の意見を無視して市政が運営されている。恣意的な市政運営にブレーキをかけるべき市議会はあって無きがごとし。

 たった13.2%の回収率で全体の傾向を云々できるだろうか、3割以下の回収率でのアンケートでは信頼性がない

 市の総合政策室は根室の長期ビジョンを自分達で作って素案を添付してアンケートをとったらいい。何もナシでご意見聴取はご都合主義にみえる。マチの将来ビジョンをつくりそれを実現する戦略を練るのは総合政策室の君達の仕事だ
 つくってそれに対する意見を求めたらいい。市の総合文化会館で毎月1回日曜日にマチの長期ビジョンに関する市民会議を開いてもらいたい。オープンな場で議論しよう。回収率13%のアンケートなど何回やっても意味がないぞ。

わたしがつけたい見出しは

「13.2%異常に低い回収率
  若者対象の市のアンケート調査」




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 根室情報へ
にほんブログ村



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

たぬきち

再びコメント させていただきます。
実に同感!是非 お話を伺ってみたい。
>内向きの似た者同士が集まり徒党を組むのが一番いけない、異質な者・異質な意見を受け入れ素直に学んだらいい
このくだりなど 実に痛快!根室はとにかく「会」「〇×会会長」「■▼理事長」「@@代表」などといった烏合の衆が多い。特に40歳~55歳の二代目三代目がタチが悪い。気取って毎夜飲み歩いているバカモノばかりである。
55~70の諸氏も、団体の中での地位があって その看板を背負ってなら 立派な妄言もはけるが 一個人となったらただのでくの坊ばかりである。
あなたのような方に「こんな腐った」根室を改善して行くリーダーとなっていただきたい。
前記の 根室市のアンケート。3000人無作為の中になぜか私のところにも来たので 正直な気持ちを書いて提出した。
兎に角 20代30代も意識が終わっている。
ま、一言でいうと 低民度の街 ということなのだろうが。。
(50歳♂)

by たぬきち (2013-06-16 17:09) 

ebisu

ははは、言いたい放題、いろいろしがらみがあっていいにくい人が多いようですから、少しだけ辛口のコメントを発信しています。

いま、釧路からもどってきたところです。昨日、「釧路の教育を考える会」の年次総会がありました。
じつにいろんな分野の現職がこの会に集まっています。
会長お一人だけ現職ではありません。元釧路教育長の角田さんが会長の神輿に乗ってくれています。このひとこよなく釧路を愛している人です。
 市議会副議長の月田さん、市役所の次長職がお二人、地元経済界や経済団体からも数人、弁護士さんもいます、そして私塾をやっている者数名、北海道の東から学力向上の運動を起こそうと3年前に旗揚げして、基礎学力保障条例を制定しました。1月から施行されています。市教委が6ブロックに分けてこれから教育懇談会を開催することになっています。

根室は経済団体の一部のメンバーが市政と癒着しているので、市政批判となる学力向上には具体的な意見が言えませんね。釧路新聞は教育問題を2年間主要テーマとして掲げてフォーラムへの協賛や取材記事などさかんに取り上げています。FM釧路も「ストップthe学力低下」という番組を2年間続けています。

根室はそういうマスメディアのオーナが市政とべったりですから市政批判につながるような低学力問題を取り上げ、改革の旗を振るようなことはできないのでしょう。
やってもいいのですよ。しっぺ返しがあってもやるべきことを大人たちが毅然とやってみせる、そういうことの積み重ねがマチを活性化させます。

たぬきちさん、これからコメントどんどん投稿してください。
いろんな人がいろんなことを言ってくれるのがいい。
by ebisu (2013-06-17 14:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0