So-net無料ブログ作成

#1611 児玉龍彦教授(3):息子さんからのエール Aug. 3, 2011 [17. ちょっといい話]

【拡散希望】

 東大アイソトープセンター長児玉龍彦教授の国会での参考人意見の陳述ビデオと書き起こしを紹介した。
 ZAPPERさんが、児玉氏の息子さんのツィートを見つけてブログに掲載してくれたので、転載し紹介したい。ブログでこのような情報が爆発的に伝わることで、名誉や地位や己の職を守るために虚偽の発言をして恥じない学者や官僚・政治家たちを誰も相手にしなくなることを願う。
 学者とはかくあるべきだというお手本がここにある。地位や名誉や職を失うリスクを犯しても毅然としてわが子に恥じない発言・行動をする者がおり、そうしたオヤジを支持する息子がいる。いい家族だ。

http://blog.livedoor.jp/jounetsu_kuukan/archives/4041116.html
--------------------------------------------------------

2011年08月02日

ちょっといい話(家族愛~児玉竜彦教授と息子さん)

7月27日の衆院厚労委員会の参考人招致において、学者の良心をもって体を張って訴え叫び感動を呼んだ、東京大学・児玉竜彦教授。その息子さんのツィッターでの発言が、とても素晴らしい。家族愛。いいですね。

●misaさんのブログ
児玉龍彦教授の息子さんのツイートより
http://ameblo.jp/aries-misa/entry-10970326040.html

《引用開始》
前回記事にした児玉教授の、息子さんのツイッターから、家族愛が垣間見えました。

順不同ですが、こちらよりいくつか抜粋します。

https://twitter.com/#!/a_kodama

親父が厚労委員会に参考人として招致されました。東大放射線センター長として、毎週末南相馬に400km車を走らせて、自身で除染にあたったうえでの訴えです。どうか見てやってください。

俺は、この人の息子で良かった

親父の懸命の訴えなので、見てやってほしい。

一生懸命伝えるべきことを伝えてました。

肝臓移植からようやく一年経ったお袋を置いて、毎週末南相馬まで行ってた。

ありがとうございます、父も母も、自分の身を削って世の中のために仕事をしています

実はうちの母は聴覚障害児教育を仕事にしており、昨年大病をしたのですが今度仕事に復帰します。

親父からはいつも勇気ということを教えられてきた親父の立場で、公開の場でああしたことをいうのは、どれだけの勇気がいったことだろう。まずはそれをねぎらってあげたい

父はそんなに大げさな人間ではなく、科学者としての努めを果たしているまでだと思います。それでも、いろいろな方に応援していただけるのはとてもありがたく思います。

とても多くの方から父の参考人招致について激励の言葉をいただき、感謝の言葉もありません。全ての皆さんにお返事するのが難しいほどですが、全て拝見していますし、父にも伝えます。本当にありがとうございます。

ちょうど一年前に父から肝臓移植をした母は、おかげさまでかなり体調が回復し、今度仕事にでることになりました。あの時もいろいろな方に激励をいただきました。この一年間本当にいろいろなことがありますが、家族一同支え合ってなんとかやっています。

父のスピーチを通して、どうか学者にも社会のため、人のために真摯に仕事をしている人間がいると伝わればと思っています。利権やポジションにとらわれた人間の多さに嫌気がさすこともあると思いますが、物事をよくするために行動することをどうかあきらめないでください。

少しでも被害を減らす役に立てば親父も本望と思います。

親父のスピーチを見ていただいた方に、一つだけお願いさせてください。
父は影響力のある科学者ですが、同時に病気の妻を抱えた58歳のただの男です。一人ですべてを解決できるわけではありません。
本当に状況が良くなるために、一人一人ができることがあると思います。

俺らからすると普通のおっさんだけどね、でも小さい子供たちのために、真剣にがんばってるよ

昨日今日いただいた大変な反響を通じて、福島の原発の被害について、どれほど多くの方が納得を持っていないか、納得のいく説明がなされていないと思っているか、強く感じました。
原発の件だけでなく、この国の統治全般について、そのようなフラストレーションが溜まっている。

父は医学者として、常に真摯な人間です訴えが多くの人に届くよう願っています。

<抜粋終わり>

『物事をよくするために行動することをどうかあきらめないでください。一人一人ができることがあると思います。』

父親と息子さんから、私たちはメッセージをいただきました。
《引用終了》


--------------------------------------------------------

*「逆システム学の窓」児玉龍彦
http://plusi.info/wp-content/uploads/2011/08/Vol.28.pdf

 #1606 「児玉龍彦東大アイソトープ総合センター長が学者の良心をかけて告発」
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2011-07-30-2

 #1607 「児玉龍彦国会で告発(2):(書き起こし)」
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2011-07-31

 書き起こし、Hirosukeさんのきれいな文字修飾バージョン
http://tada-de-english.blog.so-net.ne.jp/2011-07-31-4



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 根室情報へ
にほんブログ村


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

miopapa

いつも、ありがとうございます!!
まだまた、今の日本に信じられる人が・・・・・
救われる思いです!!
by miopapa (2011-08-03 17:19) 

ebisu

miopapaさんへ

信じられる学者が何人もいることはうれしいことですね。
リスクを犯して信念を貫いてがんばるオヤジを支持する息子がいる。
人が人を信じられる社会であってほしい。
by ebisu (2011-08-03 22:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0