So-net無料ブログ作成

#4097 教育講演会開催10/28案内:大越拓也 Oct.8, 2019 [87.根室の話題]

<最終更新情報>
10/9朝8時半:元釧路市教育長角田さんのエピソード挿入


 釧路の大越さんというと、全国で3人公務員アォードを受賞した中の一人である。「釧路鳥取てらこや」の活動を通じて地域の子どもたちの教育に数年にわたって貢献したことが授賞理由だった。当時のかれは釧路市立病院職員だったが、受賞後釧路市議となっている。釧路へ行くたびに、一緒に酒を飲む仲間の一人だ、だから、かれの教育への思いとふだん何をやっているのかすこしは知っている。
*釧路鳥取てらこや
https://www.facebook.com/kushirotottori.terakoya
 「寺子屋」のほかに釧路子ども未来塾というのがあり、大越さんのお仲間が何人もバックアップしている。学校の現職の先生も、退職した先生も、教育行政の幹部職員も参加している「事業」である。
*くしろ子ども未来塾
https://www.facebook.com/Kushirokodomomiraijuku

 わたしが不思議に思うのは、毎年何人かの教員の方たちが退職しているが、根室ではお一人もこういう活動に参加していない事実である。教育の地域貢献に一番適しているのは退職後の教員であることは論を俟たない。
 いや、根室だって、市立病院の職員のどなたか、あるいは市役所職員の方が始めたっていい。漁師の後継ぎの中にも頭のいいのはいる。市教委のメンバーのみなさんでもいいし、根室の子どもたちの学力低下に危機感をもった教育長がいるとしたら、退職後そういう活動をしてもいいはず。地域の子どもたちの教育への関心が薄いのだろう。「てらこや」も「こども未来塾」もそれぞれ教育に特定の問題関心をもった人々が集まって始まった。

 2002年11月にふるさと根室に戻って、この16年間ずっとみているが、教育長を拝命した方で、退職後根室へ定住した方はお一人もいらっしゃらない。判を押したように退職後すぐに根室を去られる。そういう根室市教育長に退職後地域貢献しろというのは無理な話である。どうぞ、前任者の通りにすぐに根室を去られたらいい。根室市民はとっくにあきらめている。いや、一部の人たちがあきらめているのはたしかだが、もともと教育問題やこどもたちの学力低下への危機感、あるいは関心がうすいのだろう。「釧路の教育を考える会」(2011年9月23日設立)会長の角田憲治さんは元釧路市教育長である。もう80歳を過ぎたが、わたしたちのわがままを受け入れ、会長職を続けてくれている。ありがたいことだ。教育行政とのパイプは結局は人脈である。会が発足して間もなくのころ、酒を飲みながら、副会長の三木さんの目をじっと見てから、一呼吸あって、「現職時代に(敵として)まみえたかった」と云った。感激してたね、三木さん。角田さんは辣腕の教育長(教育長の前は経済部長職)だった。わたしは角田さんの向かいに座ってそのシーンを見ていた。そのときにこの会は強力なものになると確信した。角田さん、さまざま役職を抱えているので、整理をはじめたのだそうだが、釧路の教育を考える会の会長職だけは終身ということで、わたしたちのわがままを聞き入れていただいている。

 「先ず隗より始めよ」というではないか。教育の社会貢献はまず根室市教育長と市教委からはじめよ、中国の故事成語はそう諭している。馬耳東風、猫に小判。
 講演会要旨をよく見たら、当講演会の共催者は根室市教委である、なるほど、根室の教育改革がはじまったか。16年間待っていたよ。熱烈歓迎である。根室市教委が生まれ変わりそうだから、根室市民のみなさん、ぜひ大越さんの講演会へ出向いてください。
 根室市議会文教厚生常任委員会のメンバーの皆さんは出席して、根室の現状をどのように改革すればいいかお考え下さい。

 きっと面白い講演になるでしょう、釧路市教委学校教育部大山教育指導参事も釧路の経験を踏まえて太鼓判を押していらっしゃる。コミュニティ・スクールは軋轢があってよくなる、軋轢を避けてはいけない。教育改革には軋轢が生じます、それでいいのです。ebisuが何を言っているのかは講演をお聴きになればわかります。(笑) 
 根室市教育長や市教委のメンバーとは一度もお酒を飲む機会がありませんが、釧路市教育長や学校教育部長、そして大山さんとも年に一度は一緒にお酒を飲む機会があります。教育政策に関して忌憚のない意見交換はします、立場がありますから、当方の意見は「聞き置くだけ」です、それでいい。そのあとでの飲み会です。酒が始まったら教育論議はしません、愉しく呑むだけ。釧路市教育長や市教委はオープン・マインドなんです。市教委と地域の教育に関心のある人たちとの在り方としてはなかなかいい。釧路市教委は「教育村」という壁を取り払う努力してます。


日時:10/28 午後7時から8時40分まで
場所:根室総合文化会館 多目的ホール

(字が小さくて読みづらい場合は、「Ctrl」コントロールキーを押しながら、「+」キーを2回押すと画面が拡大できます。元に戻すときは「Ctrl」と「-」キーを押してください)


画像に含まれている可能性があるもの:テキスト



*根室の教育の現状は学力テストのデータを掲げて解説した。市教委は普段の学力テストデータを集計し、ホームページ上で公表してもらいたい。それだけでも教育への多大な貢献ができる。理由は以下のブログ記事に書いてある。
#4096 学力テスト総合A:17校データ比較 Oct. 5, 2019
https://nimuorojyuku.blog.ss-blog.jp/2019-10-05


にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

#4096 学力テスト総合A:17校データ比較 Oct. 5, 2019 [71.データに基づく教育論議]

 このような学力テストデータは学校の先生たちも、市教委も見たことがないでしょう。学力向上対策の貴重なデータであるにもかかわらず、市教委や町教委はふだんの学力テストデータを集めていません。データに基づかぬ学力向上対策を繰り返しています。的外れになるので、効果がないのは当然のことです。

 #4091で9月に実施された学力テスト総合Aのデータ12校を掲載したが、17校集まったので、再掲載する。
 緑色は釧路管内の中学校、青色は根室管内、色のないのは根室市内の2校である。
 表1は五科目合計平均点と科目別点数を、表2は「得点-平均点」を表している。17校平均点よりも低いところは赤字で表示されている。
 別海中央中の社会科が36.8点、17校平均点よりも+7.5点とダントツに高いが、これはこの学校の社会科担任の授業スキルの高さを表している。幣舞中学校の数学も+7.4でダントツに高いが、先生のスキルが高いことが原因かどうかは確認できていない。スキルが低くてこんなに高い平均点にはならないことはたしかだろう。阿寒中の理科も+6.3と高い。
 根室市の柏陵中学校では理科でいつも高い平均点を誇る先生が昔いたことがある。小テストを繰り返して、記憶の定着を図っていた。教え方そして学力アップの方法として正攻法だと思う。こういう教員を評価すべきで、教え方を真似すべきではないのか?
 先生たちは頻繁に研修をしているはずだが、実績をあげられない者の御託を聴いていてはいけない。ふだんの学力テストの点数を学校別に並べてみたら、どの学校のどの先生の指導スキルが高いかは一目瞭然とわたしには思えるが、違うだろうか?
 根室市内の2校は残念ながら、17校中16位と17位(最下位)である。市街化地域のもう一校、光洋中のデータは入手できていない。

 わたしは平均点が低いことを、すべてその科目を担当している先生個人の教え方に帰するつもりはない、もちろん他にも原因がある。たとえば、根室は3年前から高校入試が1校体制になり、半数の生徒が勉強やる気を失っているという事実がある。勉強しなくても、根室高校へ全員が入学できる状況が3年前から始まった。道内のほかの地域で、高校2校体制から1校へ編成替えになるところは、根室の轍を踏まないでもらいたい。2校を統合して単位制の普通科へ移行するという、道教委の高校再配置計画への警鐘が鳴っている。高校が学級崩壊状態になるだけではない、中学生とくに学力下位層のいっそうの学力低下を招くことになる。人材の劣化は地元経済に深刻な影響を及ぼすことになるだろう。

 釧路根室管内の先生たちは、データを見て生徒の学力アップがどうしたら図れるのか議論してみてほしい。もちろん、それぞれの市教委や町教委も、教育長もデータに基づく議論をして、それぞれの地域の子どもたちの学力アップに寄与してもらいたい。余計なお世話なんだろうな。
 この表は「釧路の教育を考える会」のM木さんの協力で作成できたので、かれに感謝、わたしには集められないデータです。

    5教科計 国語 社会 数学 理科 英語
1 阿寒中 153.2 44.4 33.1 23.2 28.6 23.9
2 幣舞中 151.0 42.9 35.1 28.8 26.2 20.8
3 中春別中 146.1 45.0 30.8 25.7 23.8 20.8
4 白糠中 145.3 42.4 29.6 25.6 25.9 21.8
5 遠矢中 141.6 39.5 28.9 24.6 25.9 22.6
6 別海中央中 137.6 40.4 36.8 21.9 21.6 21.9
7 鳥取中 137.0 39.9 30.6 21.5 23.1 21.8
8 大楽毛中 136.7 39.0 29.2 23.1 23.6 21.8
9 鳥取西中 135.1 40.8 28.2 23.6 22.2 20.3
10 原中 134.2 38.2 33.3 20.5 23 19.2
11 計根別中 132.0 42.2 26.6 20.7 22.5 19.9
12 共栄中 124.8 37.2 25.9 19.3 20.9 21.5
13 広陵中 121.4 38.6 24.9 18.7 20.5 18.1
14 川北中 121.0 39.9 27.2 17.5 20.2 16.2
15 中標津中 117.8 38.7 28.7 17.3 16.4 16.7
16 啓雲中 111.4 36.1 25.5 15.8 16.5 17.6
17 柏陵中 107.3 36.6 23.0 15.8 17.6 15.8
  合計 2254 681.8 497.4 363.6 378.5 340.7
  平均 132.6 40.1 29.3 21.4 22.3 20.0
               
  <(各データ)ー(平均値)>      
    5教科計 国語 社会 数学 理科 英語
  阿寒中 20.6 4.3 3.8 1.8 6.3 3.9
  幣舞中 18.4 2.8 5.8 7.4 3.9 0.8
  中春別中 13.5 4.9 1.5 4.3 1.5 0.8
  白糠中 12.7 2.3 0.3 4.2 3.6 1.8
  遠矢中 9.0 -0.6 -0.4 3.2 3.6 2.6
  別海中央中 5.0 0.3 7.5 0.5 -0.7 1.9
  鳥取中 4.4 -0.2 1.3 0.1 0.8 1.8
  大楽毛中 4.1 -1.1 -0.1 1.7 1.3 1.8
  鳥取西中 2.5 0.7 -1.1 2.2 -0.1 0.3
  原中 1.6 -1.9 4.0 -0.9 0.7 -0.8
  計根別中 -0.6 2.1 -2.7 -0.7 0.2 -0.1
  共栄中 -7.8 -2.9 -3.4 -2.1 -1.4 1.5
  広陵中 -11.2 -1.5 -4.4 -2.7 -1.8 -1.9
  川北中 -11.6 -0.2 -2.1 -3.9 -2.1 -3.8
  中標津中 -14.8 -1.4 -0.6 -4.1 -5.9 -3.3
  啓雲中 -21.2 -4.0 -3.8 -5.6 -5.8 -2.4
  柏陵中 -25.3 -3.5 -6.3 -5.6 -4.7 -4.2
  17校平均値 132.6 40.1 29.3 21.4 22.3 20.0

(五科目合計点は各学校公表数字ですから、表の科目別平均点を合計しても「五科目合計点」にならない場合があります。全科目を合計してチェックしてみましたが、端数処理の計算誤差範囲を超えているとおぼしき学校が2校あります。)

 高校統廃合後の、根室の中学生の学力低下に驚いている。根室の教育関係者も地元経済団体も危機感をもってほしい。根室高校全入になって、中学生の半数程度が勉強する気を失っており、まだまだ下がりそうな気配だ。このままでは根室高校が学級崩壊する、いや始まっていると思った方がよさそうだ。学力テストの平均点から推しはかると、数学や英語の授業を聴いても理解できない生徒が半数生まれている。だから、高校の授業は生徒の学力に合わせて下げざるをえなくなっている。学力別クラス編成されている数学は、下位のクラスでは基本的な用語の解説すら端折られ始めた。説明しても無駄と考えているのか、たまたま忘れているのか…。例えば、「排反事象」等の教科書記載の基本用語。
 根室高校の進学実績も急激に悪化しつつある。状況は<余談>に書いておきます。
(昨年は五科目合計点が100点を切った中学校が2校ありました)

◎ 釧路管内と根室管内の市教委や町教委は、ホームページ上で(人数が10名以下の郡部校を除いて)学力テストデータを公表してもらいたい。だれもこのようにデータを比較してみていないのですから、せっかく学力テストをを実施しても、学校別・科目別の比較して使われないのでは、なんのための学力テストでしょう。それぞれの市や町別の平均点と標準偏差も掲載してくれたら、偏差値はそれぞれ必要な生徒自身で計算可能になります。そういうデータが蓄積されたら、進研模試の偏差値との変換表も作成可能になります。中学生の時から自分の全国レベルの学力を知ることができるようになります。高校に入学してから、大学受験勉強をスタートさせたのでは遅すぎます。目標とする大学と自分の現在時点の学力にどれくらい差があるのか、中学生の時に知るべきです。

<余談:根室高校の進学実績の変化>
 道外私大への進学者数は(平成27年度、平成28年度、平成29年度、平成30年度)(41人、12人、8人、5人)、3年間で1/8に激減しています四年生大学進学者数は(114人、80人、55人、42人)と半減してます
 市内の就職者数は(46人、41人、29人、36人)と3/4に減っています
 これでは、転勤族や学齢期の子どものいる医師は根室に赴任するのを嫌がるでしょう。劣悪と言っていい教育環境です。

(10/7 平成30年度のデータを追記しました。)


にほんブログ村


nice!(0)  コメント(4) 

#4095 道議会喫煙所設置に見えてしまった意識の低さ Oct. 4, 2019  [8. 時事評論]

 北海道議会自民党議員の6割が喫煙所賛成だという。賛成している議員たちは自ら氏名を公表したもらいたい。
 根室市だって、公共施設で喫煙をすることはできない。市役所庁舎でもその敷地内でもアウトである。もちろん、学校建物内・敷地内でも同様である。釧路市議会は敷地内に「喫煙小屋」があるようだ。知人の釧路市議の一人が嘆いていた。

 日本の常識がどうなっているのか知らない道議がいるのではないか、公的な場所で喫煙したいという道議会議員の感覚や意識のズレに驚く。日本人の普通の感覚ではもう30年も前から、公的な場での喫煙禁止という方向に意識の向きが変わった。

 喫煙についてはふたつ、強く印象に刻み込まれた思い出がある。日本で臨床病理の国際学会が開かれたことがある。1989年前後のころのことではなかっただろうか。講演が終了した後、廊下でたむろしてタバコを吸っているのは日本人だけ、異様な感じがしたと、数人から聞いた。そのあとSRL社内では煙草をやめる人が続出した。当時の臨床病理学会の国際学会長は河合先生で、SRL創立当初から顧問、というより、河合先生が富士レビオ社長の藤田さんに「特殊臨床検査分野」への事業展開を奨めてくれたらしい。2000年に日本臨床検査医学会へ名称変更されている。ネットで検索したら、河合先生の一番弟子だった櫻林郁之助・教授が学会長のようだ。写真をみて懐かしい思いがしている。臨床検査項目コードの標準化作業で協力願ったのはもう三十年以上前のことになる。先生が居なかったら、いまでも日本中の病院やクリニックが、保険点数が変更になる2年ごとに、医事システムの検査項目マスターの保険点数書き換え作業に追われていただろう。大手六社と臨床病理学会項目コード委員会との数年にわたる共同作業で標準化がなされた。事務局はいまだにSRLのはずだ。SRLに入社した年、1984年に臨床医学の社内講習会が終わってから、櫻林先生とは臨床検査項目コードの標準化について数回議論していた。当時わたしは経理部に所属し、予算編成と予算管理業務、そして統合システムの開発担当者だった。臨床検査項目コードの標準化は、漠然と考え始めていた「臨床診断支援システム事業化」に不可欠だった。SRLへ転職した翌年、1985年に「臨床診断支援システム事業化構想」を稟議書にまとめて、創業社長である藤田さんの了解をもらった。概算200億円の構想案に、藤田さんはすんなり判を押してくれた。NTTと数回打ち合わせをして、コンピュータと通信速度が30年くらいたたないと要求仕様を満たせないというので、とん挫したが、現実はその半分で、どちらも要求性能をクリアしている。いまなら何の問題もなくやれる。
 10分野ほど予定していたが、病理診断の分野がAI利用で迅速画像診断が最近可能になったようだ。グレイゾーンの画像を読み込んで、白黒の判定をつけたデータベースが十万単位であれば、どんなに優秀な病理医よりも診断精度が高くなる。民間検査センターの病理医なら、一人で年間万の単位の病理画像を診ることができるから、スキルは自然に高くなる。このシステムは、病理医を育てるためにも使える。インターンの病理医が診断後にAIのその病理画像を処理させて比較してみたらいい。1993年ころ、仙台の玉橋先生が病理画像を電子ファイルとして蓄積しはじめていた。どうされているだろうか?わたしと同じくらいの年齢だったはず。SRLは莫大な病理画像診断情報を蓄積している。国内最大の病理画像だろう。
*日本臨床検査医学会
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2000dir/n2417dir/n2417_02.htm

 二つ目は、学術開発本部で仕事したときに、開発部のS崎さんが米国の製薬メーカと交渉事があって出張した。「タバコを吸いたいというと、ガレージの隅に連れていかれ、排水溝のあるところへ着くと、ここで吸ってくれと言われた」、出張から戻るとS崎さんはタバコをやめた。喫煙者はセルフコントロール(自己抑制)の利かない人間として遇されるのである。あれは1990年ころのこと、ずいぶん昔の話なのだが…

 北海道の道議会自民党会派には6割もの人間がいまだに公的な場での喫煙は当然の権利と考えているらしい。野党にも喫煙者はいるだろう、各人が喫煙所設置の賛否を明らかにしたらいい。

 自民党会派の6割の道議会議員は公の場での喫煙に関しては「われ日本国民に非ざる者」と宣言しているかに見える。おそらくそのような自覚がないのだろう。自分の家でタバコを吸うのは個人の勝手、だが公的な場所に喫煙所設置設置をするのはいまや言語道断。市や町に先立って、道議会こそが範を垂れるべきなのではないのか?
 どうしてもやりたいなら、自分たちでお金を出し合い、道庁の近くに土地を買い、建物を建てて、そこで喫煙すればいい、だれも文句は言わぬが、選挙で当選はおぼつかないだろう。道民の大多数が非常識な道義に票を入れるとは思えぬ。

 
 喫煙所設置に反対している自民党道議会議員が4割いる、日高管内選出の藤沢澄雄道議はFB上で反対を表明している。北海道新聞も藤沢議員の取材記事を掲載した。
 
具体的な政策に関して、自分の意見を述べ、賛否を明らかにすることは道議会議員の義務だと思う。



にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

#4094 関西電力収賄事件:日本に法の下の平等はあるか? Oct. 3, 2019 [8. 時事評論]

  関西電力が吉田開発から高浜町助役森山経由で20人が合計3.2億円もの金品を受け取っていたと報じられている。
*https://www.mbs.jp/news/zenkokunews/20191002/3793481.shtml
-------------------------------------------------
 「現金1億4501万円、商品券6322万円、米ドル1705万円、金貨が368枚、金杯が8セット、金が500グラム、スーツが75着となっています」(関西電力 岩根茂樹 社長)
-------------------------------------------------

  一部は工事請負業者の吉田開発から直接受け取っていたという。金品ではなく、飲食接待もあっただろう。原子力関連事業は何でもありなのか?昨年社内で報告書が上がっていたのに、取締役会にも諮られていない。役付き役員がこぞって収賄していたのでは取締役会に諮っても意味がない。そろって隠蔽していた。内部告発や国税庁の調査が吉田開発に入らなければ、知らぬ存ぜぬで押し通せたのだろう。

 これで思い出したのは、SRLへ転職した年、1984年か翌年の事件である。SRL本社へ東京地検特捜の捜査が入り、トラック1台分、段ボール箱100個以上の書類を押収していった。社員が大勢書類の搬出を手伝ったので、書類の押収に来た東京地検特捜の人たちもびっくりしていた。「こんなのはじめて」(笑)

 社内の膿を出し切る千載一遇のチャンスだった。ソープランドの領収書と思しき「〇〇興業」「××商事」というような領収書と伝票が営業から回ってきても、経理部では拒否できなかった時代があった。会社の規模はどんどん膨らんでいくのに、職務分掌規程も職務権限規程もなかったからだ。この事件を契機にして、職務分掌規程、権限規程、経理規程などを整備していった。

 事件は、ある都立病院のドクターにお仕立券付きスーツ1着(30万円)を営業部長がプレゼントしたことに端を発していた。この事件では営業担当常務も連座し、ほどなく会社を辞めた。
 富士銀行からSRLへ出向していたI本経理部長は伝票が回ってきても判を押さざるを得なかった。社内の立場が弱かったからだろう。経理課長のM井さんも課長になってからそうたっていなかった。営業部長の回してくる伝票に異議を唱えられる者は社内に存在しなかったのである。東証二部上場準備中だったから、内部牽制強化が問題になっていた矢先の出来事で、事件後、職務分掌や権限表が整備されて、この面では飛躍的に改善された。そのお陰で、開発部長の個人的な経費流用が判明して、解雇、いや依願退職扱いにした。1億円私的流用があったと経理担当取締役から直接聞いている。そのうちの何割かは「社内交際費」であったようだ。経理部で採用になり、統合システム開発を担当、そして入社6年後には学術開発本部担当役員スタッフとして本部内の開発部の仕事も担当することになるとは、人生明日のことは予想がつかぬ。
 都立病院のドクターへのお仕立券付き背広1着プレゼント事件で、当事者のN田東京営業部長は数か月にわたって拘置されて取り調べを受けた。福島県郡山市の臨床検査センターの社長T橋氏もこのときに1か月間ほど取り調べを受けた。調べは苛烈を極めた。毎日十数時間にわたる取り調べは精神的に容疑者を追い込むもので、普通の人なら1か月取り調べを受けたら、精神状態がおかしくなり、「なんでもいいから判を押します」という気になってしまうものだそうだ。「普通の人は精神がもたない、気がおかしくなる」と言っていた。郡山の社長は豪傑だから、取り調べに屈しなかった。まさか、9年後に関係会社管理部で臨床検査会社の経営分析と買収交渉、資本提携交渉を担当して、そのうちのひとつであった郡山の臨床検査センターへ役員出向(取締役経営企画部長)するとは夢にも思わなかった。だから、郡山のT社長から直接聞いた話だ。取り調べに当たった、特捜の検事の名前は忘れたが、その後「ヤメ検」弁護士として郡山の会社の顧問弁護士になっていた。何度か「合わせるから」と誘われていたのだが、実際にお会いしたかどうかは記憶にない。
 N田部長は釈放されてから、会社へ復帰したが普通の精神状態ではなかった。仕事ができる状態ではなかった。その後数か月間は会社にいたがどうなったか記憶にない。8年くらい後になって営業本部所属の関係会社管理部で1年間ほど仕事をしたことがあるが、彼の名前は取締役にも部長にもなかった。あるいは辞職したのかもしれない。この事件では、贈賄側も収賄側も拘置されて長期間の取り調べを受けた。
 都立病院はすべて取引停止、この事件の影響は2年間続いた。毎年20~30%ほど売上が伸びていたがこの2年間は数%に低下してしまった。その間に、社内制度の整備が急速に進んだ。事件があったことで、職務分掌権限や権限規定を厳格に定めて、運用することに社内合意ができていたからだ。

 SRLは臨床検査センターでNo.1で、ダントツのシュアーと高収益を誇っていた。だから、特捜に狙われたとその当時思った。一罰百戒、No.2の会社はもっとえげつなかったにもかかわらず、事件化しなかったからだ。

 ところがどうだ、関西電力の会長も社長も金品を受け取っておきながら、逮捕も取り調べも受けていない。吉田開発も税務調査が入っただけ。副社長と常務取締役はそれぞれ原子力事業本部長と副本部長をやっており、吉田開発に工事発注する側だったが、両者とも1億円を超える金品を受け取っている。
 1着50万円のスーツは合計75着だそうだ。SRLはスーツ1着だけで、事件となり、関係者が贈賄側も収賄側も拘置されて長期間の取り調べを受けている。
 35年のときを隔てて、二つの贈収賄事件を比較することで、今回の関西電力の原子力発電所工事にかかわる贈収賄事件の異常さが浮き彫りになる。扱いが違いすぎる。原子力発電事業に関してはどのような犯罪が行われても免罪符が発行されると思わざるをえない。関西電力の取締役たちにそういう驕(おご)りが見える。

 大阪地検特捜はいったい何をしているのだろう。森友事件で財務省理財局の書類改ざんが明らかになっても、事件にしなかった。今回も動いている様子はない。日本の司法は政権にも原子力政策にも忖度するのか?
 
 韓国の玉葱男こと曺国(チョ・グク)法相の家族と親戚を韓国の検察が逮捕・捜査している。韓国の検察は機能しているが、日本の検察の体たらくはどういうことか?

 日本の検察組織、とくに大阪地検特捜には法の下の平等なんて意識があるのだろうか。不可解である。


にほんブログ村

nice!(0)  コメント(2) 

#4093 英語短期特訓授業 7th:Lessen 4 Oct.2, 2019 [78.高校英語教科書を読む]

 <毎週水曜日の英語短期特訓授業7回目>
 今日は根室高校では、1年と2年対象のスタディサポートの試験があった。ベネッセのテストで、生徒の話では難易度は進研模試レベルらしいだが、マークシート方式である。数学はできたが、英語は相変わらず歯が立たないようだ。仮定法が数題出題されていたらしい。仮定法は高校英語の最重要項目である。1年生の時の後半に習っているはずだが、4人とも手が出なかったと言っていたから、仮定法だけで2回ほど特訓の追加をすることにした。こうやって生徒とコミュニケーションしていると、弱点になっているところが具体的にあらわになるから、わたしのやるべきことも増えるのは自然なことだ。(笑)
 前回の進研模試よりはいい点数が出てくることを期待したい。

 今日の授業は高2の生徒4人が参加した。4人とも昨日は塾へ来て課題小冊子の問題を解いていた。一人が眠そうな顔をしているので、朝までやったのかと訊いたら、ほとんど寝ていないという。好い根性している。

 第4章のタイトルは”Can Cellphone Recycliing Help African Gorillas”(スマホのリサイクルはアフリカのゴリラを助けることができるのか?)となっている。
 高3の教科書をテクストに使っているが、中身の80%は中学英語である。「現在完了形+受動態」の文が二つ出てきたので俎板(まないた)にあげた。これは高校の範囲。

(1) Recently, more and more cellphones have been used around the world.
(2)  That has led to a huge increse in mining activities to get coltan, and as a result, the animal's habitat has been greatly reduced.

  10回ほど音読してから、一文ずつ文型を確認しているので、それが終わってから生徒に第何文型なのか問う。解説はその後。
 (1)は第1文型、(2)は重文になっており、前半部と後半部ともに第一文型である。
 現在完了は have+過去分詞
 受動態は  be動詞+過去分詞
 これらが合わさると、太字の部分が加算されて、「have+be動詞の過去分詞+過去分詞」となる。現在完了と受動態の和集合だ。二つの集合の席の部分が太字になっている。数学が得意な生徒たちだから、こういう説明のほうが頭に入るだろう。このように授業はつねに対象となる生徒に応じて変幻自在なのがあたりまえ。不思議だったのは中学校の数学と英語の授業、学校が違っても教え方は判で押したようにそっくりだった。8回見学してなるほどそういう授業をやっているのかと感心した。生徒の学力には関係なく、マニュアルに従って進行しているような授業だった。成績上位層がやる気を失うのは無理もないこと。成績下位層も理解不能。集団授業ではあれしか方法がないのだろうか。
 
 さて、受動態の現在完了文を能動態へ書き直してもらった。生徒の作業が終わってから解説する。

 We have used more and more cellphones around the world.
  They have greatly reduced the animal's habitat.

 なぜ最初の文はweが主語で、あとの文はtheyが主語なのかもよく考えてほしい。文脈が読めていれば理由がわかる。正解できた生徒はいなかった。いまの段階ではそれでよい。10回の特訓が終わったときにちゃんとしてればいいのだ。
 書き手は、主語には関心がないから受動態を選択して書いていることに注意。現在、過去、未来、現在完了と並べると、それぞれの使われるシーンの違いがよく理解できる。

 ① More and more cellphones are used around the world.
 ② More and more cellphones were used around the world.
 ③ More and more cellphones will be used around the world.

 ④ More and more cellphones have bee used around the world.

 日本語には現在完了形という形がないから、その用法には習熟しておいた方がよい。現在完了形は現在に関心の焦点がある。過去から継続している事象を現在に焦点をあわせた場合に用いる表現である。英文法用語を使うと相(Aspect)である、どの相を選択するかは英作文のときにとても重要なことなのである。

 だから、上記の①~④まで並べてニュアンスの違いと使われるシーンの違いを読み取ってもらった。

 次の文のほうがもっとわかりやすい。
 ① My uncle is rich.(成金ではなくて、代々続く金持ちの家柄かもしれない)
 ② My uncle was rich.(おじさんは金持ちだった、しばしば現在の状態とは違うことを裏に含んでいる。すなわち、now, he is poor)

 ③ My uncle has been rich.(おじさんは金持ちだ、(以前のあるときから、そして今も金持ちである))

 ④ My uncle will be rich.(おじさんは金持ちになるだろう⇒現在は金持ちではない)

 現在完了の文には期間をつけてみたら、そのニュアンスがもっとわかりやすくなる。
 My uncle has been rich since 10 years ago.(10年前から金持ちだ⇒10年前までは金持ちではなかったというニュアンスを含む、たとえば、2008年のリーマンショック後の混乱の中で株で大儲けしたのかもしれぬ。)

 わかりやすい例をもう一つ挙げておこう。
 I lost my wallet yesterday.(昨日財布を無くしちゃった⇒でも今朝見つけたかもしれない)
   I have lost my wallet. (I am finding it.)(財布なくしちゃった(今もない)(探してる))
  

  最初の文は「昨日財布を無くした」現在は見つかったかどうかは不明だが、現在も見つかっていなければ、現在完了文で表現するだろう。だから、過去形を使うと、いまは違う状態にあることを示唆することになる。
 形状からいうと、walletは「札入れ」、purseは小型のバックを意味している。


(3) The average lifespan of a cellphone in the U.S. is less than two years.

  気になったので、lessは比較級だが、その「原級」を訊いてみた。案の定、英語が苦手の生徒たちは忘れていた。関連単語とセットで覚えてしまおう。
  many  more  most
  much more most
  little less least
  few fewer fewest

  可算名詞につくのはlessではなくてfewerが正しいのだが、中学生や高校生の英語ではlessでもOKだろう。

 文型で難しい文があった。
(4)  Coltan is mined deep in the forests of the Congo, which are home to the world's endangered lowland gorillas.

  これは第1文型だ。deepは副詞なのだ。「コルタン(希少鉱石の一つで、スマホの部品、キャパシターの原材料に使われている)はコンゴの森林の奥地で採掘されている」、deepは場所を表す副詞句なのである。これはちょっとむずかしい。生徒に訊いたら、第2文型と答えた。次のような文なら迷わなかっただろう。
 Coltan is mined there.(コルタンはそこで採掘されている)

 thereもdeepも場所を示す副詞相当語句(adverbials)なのである。thereは頻出するが、deepの副詞はわたしも初めて見た。thereとdeepを置き換えてみるというようなことが、頭の中で臨機応変にできるようになればいいが、普通の高校生には無理だろう。

 これで7回、すべての文と節の文型を逐一検討しているのだが、このごろ4人合わせると8割ぐらい当たるようになってきた。一人一人見たら6割の確率かな。文型を手掛かりにして、別途、英作文のトレーニングを3回ほどやるつもりだ。

 現在完了形の文を使うシーンのおおよそが四人の生徒たちには理解できたら幸いである。後は参考書を読んで、問題集を自分で解いてみたらいい。そこまでやらないと知識は身についたものにならない。

 徹夜でテスト直前の夜勉強した生徒は、説明を始めると目が泳いでいた。音読を開始すると目が開いて、口がしっかり動いていた。そのうちに眠気が吹っ飛んだようだった。よく頑張った。


<余談:高1のときの英語授業>
 55年前、1964年の東京オリンピックのとき、根室高校1年生で沢井先生に1年間だけ英語を習ったが、文型の説明は1-2時間程度だった。すっと頭に入ってきた。そのあとの定期テストで先生は文型問題ばかり50問出題されたが、1問だけ間違えてしまった。それ以来、沢井先生はわたしを特別扱いした。半分以上正解できた生徒は50人のクラスに2人しかいなかったからだ。いま英語が苦手な生徒に教えてみて、文型はあんがい理解が難しいようだ。何が原因かまだわからない。学年トップの生徒には、文型の説明をほとんどしていないが、生成変形文法を用いた説明はしているから、2章分くらいの文型解説をすれば、間違えることはなさそうだ。そのうちに、暇な時を見つけて教えてみる。
 英語が苦手な生徒は文型の理解に時間がかかるが、英語が得意な生徒は簡単な解説をするだけで、ほぼパーフェクトな理解に至る、そういうことが言えそうだ。英語が得意か苦手かの「リトマス試験紙」に文型問題が使えそうだ。(笑)
 いまにして思うと、小学生の時からずっとビリヤード店のほうの店番を手伝っていたので、普段の日は勉強する時間がとれないので、興味のある科目は、授業で先生が説明したことを一つも聞き逃すまいと、集中して聴いていた。あのころにしかできない「異常な集中力」で聴いていたから、頭の中にすんなり入ってきたのかもしれぬ。授業を聴いているときの「目が怖い」といった先生がいた。真剣勝負と思って聴いていた。(笑)
 家業の手伝いに毎日時間を割かなくてもいい生徒たちに同じことを要求しても無理だから、何か別の方法を探す必要がある。

 沢井先生の英文音読は低音で、すばらしい声だった。根室高校のあと、釧路高専へ転任されたと噂に聞いた。中高大と10年間、英語を習ったが、沢井先生が最高だった。運がよかった。中高の6年間では4人の先生に英語を教えてもらった。最初の2年半習った先生は文法用語を一切使わないし文法の解説をしない人だった。3回音読して和訳したら、あとは雑談。お陰で、英語は自分で勉強しなければいけないと思い知った。数学の先生はアル中でいつも真っ赤な顔をして酒臭かったが、週に一度くらいは授業してくれた。わたしのクラスは2年間そういう先生が数学を担当していた。3年生になって担当が変わり、F田先生が毎時間ちゃんときて、黒板に図を描いて丁寧な説明をしてくれたので「神様」に見えた。F田先生が担当するまでに、自学自習の習慣がしっかりついていたので、鬼に金棒の気分だった。どんな先生もそれなりに成長を促してくれたので有難かった。

 大学3年次の時事英語の先生はお粗末だった。土曜日の授業だったが、前日のディリー毎日の社説をテクストに使った。どこかの大学院の英米文学研究科卒の先生だったと思うが、当時は為替が固定相場制から変動相場制に移行して、経済記事の社説が多かったので、手に余った。周辺知識も経済学や金融の専門知識もなかったから、受講している学生に誤訳をしばしば指摘された。文学作品ならもっといい授業ができたのだろう。
 外諸講読授業はM大学大学院会計学研究科卒の先生が担当してくれたが、専門なのにちょっとお粗末だった。会計学も英語も並の水準、ほとんど得るところはなかった。格調の高さどころか、日本語になっていないことが多くて先生の訳を参考にする必要はなかった。原価計算を担当してくれた小沢先生なら面白かったかもしれない。早稲田大学大学院商学研究科卒だった。授業が終わってから何度か話した、長引くと向ヶ丘遊園駅前の喫茶店まで付き合って議論してくれたこともあった。授業が終わった後で、1時間くらい学生相手に議論してくれる若手の先生が数人いた。経済学史の内田義彦先生のような大御所にはいくら無鉄砲な学生でも恐れ多くてやれない。(笑) 専修大学出身者で、若手のマックスヴェーバー研究者が一人いた。授業のあとで議論によく付き合ってくれたが、若くして急逝された。お名前が思い出せない。
 当時は岩波書店の英和中辞典を使っていた。持ち運びには不便、分厚くて大きくて重い辞書だったが、それでも英語の授業のときにはバッグにいれてもっていった。岩波の辞典だけでは足りないので、経済用語英和辞典も使っていた。本を買うお金を毎月送ってくれたオヤジとお袋に感謝だ。あの当時で、本代を別に1万円送ってくれた。高卒の初任給がまだ2万円弱の時代である。神田と高田馬場の古本屋街を大きなバックをもって通った。古本屋では新刊書が1割引きで買えた。オヤジとおふくろが、ビリヤード店や焼き肉屋、居酒屋をやって一生懸命に働いて送ってくれたおカネだから、だいじに使った。




nice!(0)  コメント(0)