So-net無料ブログ作成

#3666 四月から航空自衛隊員:元気な元塾生 Dec. 21, 2017 [60. 進路]

 一昨日(12/18)元塾生が来た。1年と少し前に貸してあげた国文法参考書の返却と空自に合格した報告があった。「よくやった、おめでとう」と言うと、晴れ晴れといい顔していた。
 部活が忙しくて、塾と部活の両立がむずかしいのがふつうである。文武両道をすんなり実践できる生徒は十人に3人いればいいほうだろう。残りの7人は悩みながらやっている。
 時々悩んで情緒不安定になった。昨年の9月頃に、「勉強がどうしても好きになれない」というので、じっくり話をした。高校を卒業したらどうするか、進路について聞いてみた。ずっとお花を習っていたので関西のある短大へは推薦で行けるのだが、勉強が嫌いだというので、なにか適した職業はないかと考えた。体力は抜群にある。
 入隊してからきついことを覚悟できるなら、体力を生かして自衛隊を選択肢に入れ、これから一年間やってみたらと薦めた。そして塾をやめ、部活に専念、チームは全道大会へ2度出場。部活三昧の高校三年間も、その先にしっかりした職業をターゲットにしているならよしとしたわけだ。
 2か月間一生懸命に勉強したので、合格しましたとは本人の弁。
 災害救援出動もあるが、きつい現場で仕事することがあるだろう、しっかりやってもらいたい。
 自動小銃をもってはつらつと駆け回る姿が想像できる。

 みんなが一生懸命勉強して、大学進学しなければならないものではない。自分のとりえは何か、ちゃんと棚卸して、現実的な目標を見つけて、それに向かって努力して、努力が報いられたらすばらしい。
 本当におめでとう。

 同じチームで、最初に室蘭の看護学校へ推薦入学を決めたMもおめでとう。帯広南商業(偏差値55)へ進学した生徒である。中学校の時は何度も学年3位、文武両道を絵にかいたような生徒だった。
 大学看護学科へ推薦入学を決めたTもおめでとう。この生徒は旭川の高校へ進学した生徒だ。
 女子短大へ進学を決めたR1もおめでとう。
 1月に入試があるR2は頑張り屋だ、期待してるよ。

 中学校を卒業してから三年がたったが、みんなしっかりやっているのでびっくりだ。中学校では一緒のチーム、高校で進路は別々になったが、全道大会でなんども顔を合わせることができた。たぶん、だれも予想していなかったことだ。
 5年後には全員社会人になってしっかり仕事しているのだろう。

 このチームではないが、机を並べて勉強していた仲間で就職試験がうまくいかなかった生徒が一人いる。中学校では部活に所属してなかったが、高校で剣道部に入って、二段をとった、立派なものだ。努力することの大切さは剣道を通じてわかったはずだ。しっかり成長したよ。試練だと思って、めげずにチャレンジし続けてもらいたい。


      70%       20%      
 日本経済 人気ブログランキング IN順 - 経済ブログ村教育ブログランキング - 教育ブログ村

nice!(0)  コメント(3) 

nice! 0

コメント 3

まさ

かかれていることが的を得ています。中学の順位何人中がかかれていれば解りますが、だいたいそんな感じと思います。
by まさ (2018-04-18 11:49) 

ebisu

まささん

自衛隊に入隊した生徒はいまごろ山口県で初任トレーニングしているでしょう。中学時代は学年順位で真ん中ぐらいの成績でした。勉強は嫌いでも我慢しながら勉強していました。
高3の生徒たちのなかから数人が選ばれて、母校の生徒たちへスピーチする機会があるのですが、就職が決まった後でしたから、「勉強はとっても大切だから、しっかりやっておいた方がいいよ」と後輩たちに檄を飛ばしたそうです。(笑)めんこい。
帯広南商業へ進学した生徒は、完璧な文武両道の生徒でした。正月に看護師であるお姉さんと一緒に報告に来てくれたのですが、苫小牧の看護学校へ推薦合格。お姉さんに成績を報告したらと促されて、「1年と3年の成績は学年トップ、五科目1級をとりました」と笑顔で報告してくれました。
看護師でなくても、金融機関ならたいていのところへ合格できるでしょう。上場企業の経理部門でもこいう生徒は大歓迎です。文武両道で頑張り抜いた生徒の選択肢は広い。
by ebisu (2018-04-18 13:01) 

ebisu

調べておどろいた。
4年前に学年中位の生徒と五科目合計点を基準に今年高校1年生になった生徒たちの学年での順位を見ると、50人中13番目くらいの成績です。今年の3年生ならおそらく10番以内です。来週末ぐらいには得点通知表が出るのではっきりします。

根室の子どもたちの学力がわずか4年間で急速に落ちているのがよくわかります。
by ebisu (2018-04-18 13:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。