So-net無料ブログ作成

#2545 帰省した薬科大学生と飲む Dec. 29, 2013 [31.市立根室病院経営改革メモ]

 今日(29日)で中3の5日連続計20時間の冬季特訓が終わった。数学と英語、それぞれだいぶ点数を上げた者はうれしそうな顔をしていた。
 総合ABCの最高点と今回やった過去問5回の最高得点(数学)を比較してみたら、1人平均11点(60点満点)アップしていた。2月半ばまでに数英2科目で一人平均30点アップが目標値だ。
 やれば点数は短期間で上げられる。今回はできなかったが、きちんとトレーニングを重ねたらやれそうだとわかった問題にチェックをさせたから、これから5日間毎日復習して点数が取れるように努力せよ。1月4日から、復習の成果をチェックする。

 昨日、薬科大学の4年生が顔を出してくれたので、酒を飲みながら話しをした。かれは根室に戻ってくるつもりなのだが、市立根室病院の経営形態が定まらないと困る。雇用条件が不安定な企業に好んで就職するものはいない。
 地方公営企業法全部適用になると事業管理者を定めることになるが、現体制のまま権限を強めたら院内は滅茶苦茶になるだろう。
 3月に退職したK医師、6月にS医師が退職した、そして12月にはM医師が退職。わずか15名の常勤医師のうち三人が9ヶ月間に相次いで退職するのは異常であり、マネジメントがうまくいっていないようである。院長や参事の恣意的な病院運営に嫌気して辞めたという話が医師の間に広まっている。これでもオブラートに包んで書いているつもりだ、ebisuは根拠のないことは書かない。
 3月に結審した医療訴訟では病院側の全面敗訴で9千万円の賠償金を支払ったが、その原因はマネジメントにあったと新聞報道、北海道新聞だったか根室新聞だったか記憶が定かではない。

-------------------------------------

  この医療訴訟については弊ブログで取り上げた。
*#2258 地域医療をめぐって: お二人の方からのコメント Apr. 9, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-04-09

 弁護士さんのブログでも当該医療事故訴訟をとりあげて解説している。
市立根室病院,血管内治療により出血し心タンポナーデとなって死亡した ...

medicallaw.exblog.jp/20296028/

2013/04/17 - 毎日新聞「根室病院医療過誤訴訟:入院男性死亡、根室市が遺族と和解 9080万円支払いへ」(2013年3月28日)は,次のとおり ... 同地裁は第三者の医師に鑑定を依頼し、「バルーンサイズの選択ミスで、止血方法にも問題があった」などとして  ...


  • 根室病院医療過誤訴訟:入院男性死亡、根室市が遺族と和解 9080万円 ...

    mainichi.jp/area/hokkaido/news/20130328ddlk01040230000c.html
    2013/03/28 - 根室市の市立根室病院に入院していた同市内の男性(当時54歳)が死亡したのは、 医師が心臓冠動脈からの... ... 額を上回った。 同病院は「医療事故はあってはならないこと。安全管理対策と情報開示を徹底したい」とコメントした。【本間浩昭】  ...

  • -------------------------------------

     このような体制のまま経営形態を変えても年間17億円もの赤字額が減るわけではないし、2011年度の院長の出張が160日という例にも現れているように、経営形態を変更して院長権限を強めたら歯止めがなくなり恣意的な病院運営がますますひどくなるだけ。

     市議会文教厚生常任委員会は薬剤師確保のために、薬学部に進学する生徒の奨学金を増額するように市条例案の一部修正を提案したようだが、病院運営現状を改めずに経営形態を変更したら、雇用条件が不安定になるから、ふるさとに戻りたい薬学部の学生が二の足を踏んでしまう。
     ニムオロ塾では看護学校へも何人も進学しているが、三人に一人ぐらいは戻ってきて市立病院で働きたいという希望の者がいる。

     地方公営企業法全部適用⇒独立行政法人⇒民間病院へ身売り

     このようなスキームが見えているのでは、ふるさと根室に戻ってくるものはほとんどいなくなる。市議会文教厚生常任委員会が肝心カナメなところになると物が言えないのはどうしてか?

     市立根室病院は根室の地域医療を支える中核病院である。いまコストカットを徹底しないで経営形態を変えたからと言って、「経営改善=赤字縮小」ができるはずもないから、地方公営企業法全部適用への経営形態変更はすぐに行き詰る。毎年17億円(昨年度の赤字額)もの赤字を垂れ流す病院を独立行政法人へ切り換えられるわけもないから、民間病院へ身売りか、診療機能の大幅縮小あるいは廃院ということになりかねない。

     そのような事態を招かないためにも、病棟別・診療科別月次損益計算を導入し、内部監査制度を整備し、外部監査を導入して、恣意的な病院運営ができないように制度的な保障をつけておくべきだ。




    -----------------------------------------


    *#2544 市立根室病院経営形態の変更:地方公営企業法全部適用は来年か Dec. 27, 2013 
    http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-12-27-1

     #2530 病院事業へ外部監査導入も選択肢の一つ  Dec. 15, 2013
    http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-12-15-1?comment_success=2013-12-27T20:57:10&time=1388145430

    *<4年前にも外部監査の必要について言及しています>
     養老牛温泉夜話(7)番外編 <根室市大企業論> #791 Nov. 8, 2009 
    http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-11-08-1

     #2513 市立根室病院の経営状況について:財政再建特別委は機能しているか?  Nov. 28, 2013 
    http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-11-28

     #2505 根室市 財源不足7億3500万円 Nov.20, 2013 
    http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-11-20

     #2473 市立根室病院を外部の医師はどうみているか? Nov. 1, 2013 
    http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-11-01-1

    ------------------------------------------------


    にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 根室情報へ
    にほんブログ村 

     


    nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

    nice! 1

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    トラックバック 0