So-net無料ブログ作成

#1914 フレシマの野鳥と風車(北海道新聞道東版より) Apr. 20, 2012 [15. ポジティヴ&ゆめ]

 標記の記事は#1906で取り上げた取材記事への担当記者の感想である。根室支局でこの記者だけ面識がない。女性記者らしいいい記事である。パトリオットのebisuは若い女性記者が根室へ赴任して1年、寂しさを噛み締めながらだんだんと根室のよさにも目が向いてきているのをうれしく感じている。

====================================================
 根室市民になって1年が過ぎた。根室が野鳥観光に力を入れるのしたがって、バードウォッチングをする機会も増えてきた。
 取材ではあちこち駆け回るが、一番好きなのは布団の中―というインドア派な私。正直根室に車では大通公園で戯れるハトを遠巻きに見るぐらいで全く興味がなかった。むしろ小さなハトさえ、集団で突然襲ってきそうで怖かった。
 だが最近、鳥の種類がわかるようになることが小さな楽しみになりつつある。休日の探鳥会に参加し、公園を散歩することも気持ちがいい。ここにしかいない野鳥がみられるという「レア感」がいいのかもしれない。
 そんな野鳥の楽園・根室のフレシマ地区に風力発電所の建設計画が持ち上がっている。
 東日本大震災の福島第一原発事故以降、自然エネルギーに注がれる熱視線。私たちの生活は伝記がないと成り立たないのは事実だ。
 ただフレシマは車などで簡単に立ち入ることができないため手つかずの自然が残され、オジロワシや丹頂などの営巣地もある。風車ができれば野鳥がぶつかり、犠牲になる可能性も高い。
 私たちの生活と二度とは戻らない自然。本当に大切なのはどちらか。根室市民にもっと関心をもってもらえるような報道をしていきたい。(笠原悠里)

====================================================

 ノサップを取材したときの掲載写真に取材対象と記者の指だけが写っていた。どんな記者さんが来たのかなと、あれはなかなか思わせぶりでよかった。(笑い)
 これからも根室中をかけずりまわっていい取材を重ねてください。

*#1906 【政策矛盾】野鳥の王国に風力発電計画  Apr. 14, 2012
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-04-14

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 根室情報へ
にほんブログ村


 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0