So-net無料ブログ作成

#4063 津波ではない、地震で炉心制御不能になった Aug. 14, 2019 [13. 東日本大震災&福島原発事故]

 福島第一原子力発電所事故は津波で起きたのではなく、地震で起きたことを、元東京電力の炉心専門家が実名告発をした。文芸春秋9月号にその記事が載る。炉心の流量に関する膨大なデータを精査した結果の結論である。

 原子炉格納容器の下には、さまざまな計器類やパイプがぶら下がっている。その様はまるでタコの足のようだ。あれが地震で揺られて破損すれば、炉心は制御不能になる。
*原子炉の底の写真
https://www.bing.com/images/search?q=%e5%8e%9f%e5%ad%90%e7%82%89%e6%a0%bc%e7%b4%8d%e5%ae%b9%e5%99%a8%e4%b8%8b%e9%83%a8%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f&id=4531DF81E6927620784F62074B33ABA57EA47581&FORM=IQFRBA

https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&id=4531DF81E6927620784F62074B33ABA57EA47581&thid=OIP.X6FYCBv4lIyYHt6r-bhjFQHaE8&mediaurl=http%3A%2F%2Fgendai.ismcdn.jp%2Fmwimgs%2Fc%2F0%2F640m%2Fimg_c0dc8df6f6b42b8b15bce3ee1358872f274320.jpg&exph=400&expw=600&q=%e5%8e%9f%e5%ad%90%e7%82%89%e6%a0%bc%e7%b4%8d%e5%ae%b9%e5%99%a8%e4%b8%8b%e9%83%a8%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f&selectedindex=0&ajaxhist=0&vt=0&eim=1,6

 この写真は原子炉圧力容器の底部のようだ。沸騰水型原子炉(BWR)では底の方から燃料棒を入れるようになっている。したがって、原子炉圧力容器の底の部分が構造上弱いということ。簡単にメルトスルーしてしまう。
 制御用の機器がたくさんぶら下がっていたのは格納容器の底部だろうか?わたしにはわからない。以前、タコの脚のようにたくさんパイプや計器類がぶら下がった写真をみたが、この原子炉圧力容器の底部の写真とは違っていた。見つけました。

*原子炉格納容器の底部 2012年8月20日
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201202080615.html
TKY201202080625.jpg
東京電力福島第二原発4号機原子炉格納容器内の底部を視察する福島県などの調査団。頭上には原子炉圧力容器の底に通じる制御棒の装置や中性子の計測機器が見える。福島第一原発では溶けた燃料がここから落ちたとみられている=8日午後、福島県富岡町、代表撮影
----------------------------------------------------------

 原子炉格納容器の下にたくさんぶら下がっている制御用のパイプや計器類が震度6の地震で破損して原発が生後不能になり爆発したのなら、堤防を高くしても、電源を二重三重にしても対策にはならないことになる。
 堤防を高くし、電源を二重三重にして、安全性を高めたということで各地の再稼働が次々になされつつある。原因が津波ではなく、地震によるものだとしたら、これらの対策は意味がないことになる。直下型、あるいは各地に点在している原子力発電所の近くを震源とする地震が起きて、震度6以上なら、福島第一原発事故が再来するということだろう。

 東京電力は炉心流量(炉心内の水の流れ)に関するデータを隠していた。調査委員会が3つ立ち上げられ、それぞれ調査報告書がだされたが、炉心流量に関するデータを見ていない。隠されていたから当然だ。調査委員会には調査能力がなかったということ。
 したがって、3つの調査委員会はそろって見当はずれの結論を出したことになる。ことは重大だ。
 真相が明らかになるまで8年間もかかってしまった。もう一度、事故調査委員会を立ち上げて、真相究明と対策の見直しをしてもらいたい。真相を解明し、原発事故のメカニズムが分かれば、適切な措置をしてリスクを大幅に減らせるはず。嘘や隠ぺいや忖度はもうたくさんである。

 文芸春秋九月号が間もなく出る、読んでみたい。

https://bunshun.jp/articles/-/13348?page=2

*
https://ja.wikipedia.org/wiki/東京電力福島原子力発電所事故調査委員会


<原子炉格納容器の黄色い蓋>
 1号炉と3号炉の爆発のシーンがユーチューブに載ってます、ぜひ見てください。1号炉は白い煙が横に広がっていきます。水素爆発だから、爆発によって水素と酸素が結合して水蒸気が横に広がった。3号機は紅い閃光が走って、その直後に黒いキノコ雲が垂直に立ち上ってますよ。これ核爆発でしょ。1号炉と3号炉、爆発の様相がまったく違ってます。1号建屋の爆発では白い煙が横に広がるだけで、大きな瓦礫は落ちてきてません。上に噴き上げてないからでしょ、3号炉の爆発ではキノコ雲が800mくらいまで立ち上って、大きな構造物がばらばら落ちてくるのがはっきり見えます。原子炉圧力容器が上に向けて爆発したらどうなりますか?原子炉格納容器の頑丈な蓋、黄色い構造物が爆発で吹き飛ぶはずです。原子炉圧力容器と原子炉格納容器が大砲の筒の役割を果たして、上部の黄色い蓋を真上に吹き飛ばす、そしてそれらの原子炉の上部構造物が大きな瓦礫となって降ってくる。そうなってませんか?ご自分の目で見てください。
 3号炉の爆発だけでもチェルノブイリを上回る爆発で、それ以上の放射生物質が放出されたってことじゃないですか?小児甲状腺癌がチェルノブイリ以上に出ているのはあたりまえです。放出放射能の推計が、前提条件から間違っているのですから。3号炉は水素爆発だったという前提条件で、放出された放射能量を計算している。とんでもない話です。
*1号建屋と3号炉の爆発の瞬間の映像
https://www.youtube.com/watch?v=VLJspb_mo-s


 原子炉格納容器は黄色い大きなコンクリート製の蓋で覆われています。次のサイトの写真を見てください。4号建屋の右側に黄色い構造物がはっきり写っています。3号建屋はもっと下まで木っ端みじんに吹き飛んでいますが、原子炉格納容器の黄色い蓋が事故後の写真では確認できませんでした。赤い閃光を出して、黒い雲が真上に上がったあの3号建屋の爆発のビデオシーンではガラガラと何か大きな構造物が落ちてくるのが写ってました。瓦礫となった黄色い蓋だったのでしょう。MOX燃料の3号原子炉圧力容器が爆発して上部が吹っ飛んでいたら、チェルノブイリを上回る放射生物質が飛散していることになるでしょう。#1460に3号建屋の写真が載っているので、下記の青字のサイトにある4号建屋の黄色い構造物の写っている写真とご自分の目で見比べてください。どんなに隠蔽しても、事実は少しずつ姿を現します。東京電力はいまだに隠蔽し続けています。

*https://matome.naver.jp/odai/2145104336855583901

*#1460 「原子炉圧力容器損傷か?:写真で検証
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2011-04-03-1

 #1462 「裸の王様:原子炉圧力容器は破損している 論より証拠、よく写真を見てごらん
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2011-04-05

 #1463 「福島第1原発3号炉はもう無い:東京電力社員退去要請の意味」
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2011-04-06

*read:https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%a0%e7%b7%9a%e9%87%8f%e8%a8%88%e3%81%8c%e9%b3%b4%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%80%81%e5%be%a9%e8%88%88%e9%80%b2%e3%81%be%e3%81%ac%e5%b8%b0%e5%ae%85%e5%9b%b0%e9%9b%a3%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e3%81%ae%e4%bb%8a-%e7%9f%ad%e6%9c%9f%e9%9b%86%e4%b8%ad%e9%80%a3%e8%bc%89%e3%83%bb%e5%85%a8%e5%9b%bd%e5%8e%9f%e5%ad%90%e5%8a%9b%e3%83%bb%e6%a0%b8%e6%96%bd%e8%a8%ad%e4%b8%80%e6%8c%99%e8%a8%aa%e5%95%8f%e3%81%ae%e6%97%852/ar-AAFX4ZJ


にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。