So-net無料ブログ作成

#2549 アベノミクス批判 (2):内橋克人 Dec.31, 2013 [91.経済]

 これが今年最後のブログ記事だから、日本経済の一年を振り返り、来年を展望してみたい。
  政策論の迷路で方向を見失ってはいけない、どういう経済理論を選ぶのか、日本的価値観から外れるようなろくでもない経済理論はebisuはごめんである。
 
 今朝のビジネス展望(NHKラジオ朝の10分間番組)で経済評論家の内橋克人氏が「岐路に立つ日本経済 回顧と展望」を日本経済の現況と来年どうなるかを解説していた。

 いま日本はアベノミクスにわいている。
 大納会は高値を更新して日経平均は16,291.31円で、昨年末の10.395.18円からみると56.7%アップ、これほど大幅の上昇は41年ぶりだそうだ。マスコミはアベノミクス効果と騒いでいるが、経済学の泰斗伊藤光晴は安倍政権が発足する前から株は上がり始めており、海外投資家の買い越しが原因であると『世界8月号』で論文を公表している。外人投資家の買い越し額は15兆円である。数字が示しているのは、株高はアベノミクスとは関係なしということ。

 内橋氏によれば、「歴史の真実が姿を現すまでには、いつも一定の時間が必要で、80年代後半のバブル絶頂期の只中でバブル経済に警鐘を鳴らした人がどれだけいたでしょうか?」と問いかけている。「90年代になって人々はその幻想性と代価の大きさに気づかされた」ことは記憶に遠くない。経済の真の姿を見抜くためには、経済変動の細部を実証的に見て、未来を予測するには相応の勇気と知識が必要」と語っている。マスコミの流す言説や時流に流されずに、その外側から冷静にデータを読み考えるべきなのである。

 有権者の25%の得票で政権を手にした自民党が暴走すれば、国民の意思とは乖離した政治を行うことになるのはあたりまえの結論である。そうした事態が起きれば議会制民主主義は危機に瀕する。福島第一原発事故と各地の原発再稼動への動きも、特定秘密保護法も、議会で議論すらせずに韓国軍への弾薬提供も、大方の国民の意思とはずいぶんかけ離れてしまっているように見える。

 日本経済は岐路に立っており、この年の瀬が大きな分かれ道になると内橋氏は危惧している。論点は4つある。

(1) 実体経済への波及がない
 円安と株高は進んだが、実体経済は変っていない。マネタリーベースは急増したが市中に流通するお金は増えていない。4月末89兆円、11月末89兆円と増加していない。日銀は2年間で270兆円の量的緩和を実行中だが、民間企業に資金需要がないのである。インフレを起こしたくて躍起になっている。量的緩和も景気浮揚策としてはまったく効いていないということになる。

(2) 消費はタイプが二つある
 消費にはストック型とフロー型がある。ストック型は株や土地などの資産価格の増加によるものだ。フロー型消費は給与の増加によって生じるもので、本来ここが増えないと景気はよくならぬ。ストック型の消費は長続きしないといわれている。フロー型消費はほとんど増えていない。資産価格の上昇で一部の者が利益を手にしただけ。消費は広がらない。

(3) 過剰なインフレ期待は危険
 リフレ派というのがあるらしい。通貨数量説にのっかった政策論のようで、インフレ期待だけでいいということのようだ。しかし、実行経済への効果が認められないとき、過剰な期待(expectation)は破綻する。expectationは"期待"ではなく"予測"と訳すべきだと内橋はいう。
 わたしも浮利を追うようなリフレ政策は好きではない、日本人の伝統的な商道徳に反するからだ。自助努力をきらい、イージな方法へと逃げるとろくなことはない。

(4) 株価上昇の原因
 株価上昇は外人投資家の解雇しによって保たれており、15兆円もの買い越しになっている。日本人の投資家が売却して外人投資家が駆っているという状況だ。安定した日本人株主の保有株が減り、短期的な利ザヤ目的の外人投資家が大量に日本株を保有すると株価は不安定になる。

 こういう状況下で4月に消費財が3%値上げされるのである。三本目の矢である経済成長が規制緩和一辺倒では虚弱にすぎると内橋氏しはいう。
 政府は質の高い日本人の労働力をアジア並みの低賃金で差し出すような政策を推し進めているという批判も起きはじめた。派遣労働は正規雇用の三分の一以下の賃金である。非正規雇用比率はすでに全労働者の40%近くにもなっている。

 経済が政治問題化する季節が到来する、そういう意味でもこの年の瀬が日本経済にとって大きな分岐点となるだろう。一部の輸出産業は円安と消費税の還付によって巨額の利益をあげているが、その下請け企業群からの調達価格を値上げするわけではないから、下請け企業は潤わない。
 一部の企業の利益が増大しても、国民が豊かにはならない、そういうことも来年なおいっそうはっきりすることになるのだろう。

 以上が今朝ラジオで聞いた内橋克人氏の論である。

 
-------------------------------------------

*#2543 インフレと自己責任:リスク増大へ対処の方法はあるか? Dec. 27, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-12-27

 #2540 アベノミクス批判(1):『世界8月号』伊藤光晴論文 Dec. 23, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-12-23

*#2523 アベノミクスの行く末: 日本総研調査部長の論点 Dec. 9, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-12-09

 #2502 アベノミクスと企業経営 Nov. 18, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-11-17-3

 #2430 手詰まりの安倍首相 ついに消費税引き上げ決意表明 Oct. 2, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-10-02

  #2401 消費税値上げ延期なら国債価格は下落 Failure to raise sales tax 'could hurt bond prices' Sep. 9, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-09-09

  #2388 アベノミクス:雇用規制改革の正体 Aug. 30, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-08-30

  #2385 TPPは再び植民地化を招く:マハティール元首相 Aug. 28, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-08-28

  #2376 貿易赤字13ヶ月連続 7月最大の1兆240億円 Aug. 20, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-08-20

  #2329 アベノミクス:ナカミがないのに財政健全化を約束 Jun. 12, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-06-13

  #2321 株価暴落はどこまで続くのか?:とりあえずの目安は11,250円 Jun. 4, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-06-04-1

  #2311 どうにも解せぬこと ミャンマーへ債務免除 : プライマリーバランスの回復はするつもりがない? May 26, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-05-26-1

  #2309 Nikkei dives 7%, ends below 14,500 : May 25, 2013
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-05-25

  #2298 アベノミクスの罪:日経平均15,096.03円 May 16, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-05-16

  #2270 人口減少の衝撃: 2040年の日本の人口は1億727万人:"Japan's depopulation time bomb" : Apr. 21, 2013
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-04-22

  #2256 マネタリーベース270兆円へ拡大:亡国の決断 Apr. 6, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-04-06

  #2245  円安はそんなにいいことか? Mar. 17, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-03-17

  #2185 各論(3):'Abenomics' Jan. 24, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-01-24

 #2170 各論(2):貿易収支赤字転落⇒? Jan. 3, 2013 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-01-04

  #2169 各論(1):国債暴落の可能性とその影響 Jan.2, 2012 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-01-02

 2168 歴史認識を欠いた安倍新政権の歴史的役割(2):蔵相高橋是清暗殺 Dec. 31, 2012 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-12-31-1

 #2164 歴史認識を欠いた安倍新政権の歴史的役割は何? 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-12-28

 #2158 自民党圧勝294されど第2の危機民主党惨敗  Dec.17, 2012 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-12-18

 #2144 成長路線と金融緩和の罠 : 衆院選挙でナイトメアがはじまる 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-11-30

 #1828 ゼロ金利の罠: Fed targets and transparency Feb. 3, 2012
 http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-02-03

 #829 国家財政破綻の瀬戸際  Dec.12, 2009
 http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-12-12

 #346 これから10年間の日本経済のシナリオ
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2008-10-10 



-------------------------------------------------


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 根室情報へ
にほんブログ村


 

 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0