So-net無料ブログ作成

#2311 どうにも解せぬこと ミャンマーへ債務免除 : プライマリーバランスの回復はするつもりがない? May 26, 2013 [91.経済]

 年収が400万円としよう、その25倍1億円の借金がある。小金を貸しているが、借り手に返済しなくていいよ、借金免除してあげるといいつつ、今年も500万円借金を増やして900万円使うなどということがあるだろうか?

 家計や企業ではありえない話しだが、そういうことを国がやっている。
 安倍首相がミャンマーへ行って2000億円の対日債務免除を表明した。さらに政府開発援助を1000億円するという。その1000億円も返さなくてもいいのだなと思うだろう。
 他の国を訪問したときに、ミャンマーへは3000億円くれたのだから、わが国にはいくらくれるのかと訊かれたらどうするのだろう。

 1000兆円を超えた自分の借金を減らす努力もしないで、お金をばら撒くだけばら撒き、あとは野となれ山となれか。安倍総理大臣と黒田日銀総裁、揃いも揃ったり、財政規律もへったくれもあったものではない。小泉首相の時には「2011年プライマリーバランス(基礎的財政収支)回復」という期限を切って財政規律の回復を声高に叫び、国民に約束していた。ありていに言うと収入の範囲でしかお金は使わないということ、あたりまえのことなのである。ところが同じ自公政権だが安倍首相には政府の借金を減らすつもりはこれっぽっちもない。借金は加速的に増えている。

 ほんとうにこれでいいのだろうか?
 長期金利が嫌な動きをしだしている。1%金利が上がっただけで10年後には10兆円金利が増える。GDPの2倍もの国債残高がある、そういう財政状態の悪化した政府の発行する国債の標準的な金利相場は国際的には5~7%である。
 まるで国民全部が魔法にかかったようにピーヒャラ、ピーヒャラと安倍首相と黒田日銀総裁の笛に浮かれている。ハーメルンの笛吹き男に誘導されるネズミの大群のように岸壁へ向かってまっしぐらだ。国民全部をだまくらかすのは案外簡単なものなのだなあ。結局、こんな単純な手にだまされるほうが悪いのだろう。オレオレ詐欺みたいなもんだ。
 バカな話しだが、こうして歳入全部が今までの借金の借換債の金利に消える可能性がだんだん大きくなりつつある。世の中にはありえないようなバカな話しが時に現実になる。

 高橋是清が1932年に同じようなことをやって経済復興を果たしたが、そのツケはあまりにも大きかった。それ以降は赤字財政が常態となり、軍備増強に国家財政の半分以上もつぎ込んで13年後には戦争に負けて破綻するのである。発行した国債はインフレで紙切れになった。いったん走り出したら、インフレもまた政府には止められないものなのである。
 高橋是清が暫定的な措置のつもりで断行した赤字財政は、いったん走り出したら恒常的なものになり政府にはとめられなかった、ツケは国民が支払うことになったのである。

 赤字財政は歯止めがなくなったらおしまいなのである。財政には基礎的財政収支の均衡や金利上昇による国債発行抑制という歯止めがあった筈だが、それらを全部外してしまった。

 高橋是清が1年か2年間の暫定的な経済政策としてやったことを安倍首相と黒田日銀総裁がやっている。高橋是清が脳裏に描いていた数年うちに基礎的財政収支を均衡させるという構想はない。つまり、出口戦略がない。
 浮利を追って浮かれていたらそれなりの結果が待っているからご用心。

 日本の伝統的な商道徳は浮利を追うことをきつく戒めている。
 やってはならぬ、ならぬことはならぬのである。ならぬことを国のリーダが率先してやっている、子供だましの手口だから目を覚まそう。

-----------------------------------------------------

*「首相、債務免除を表明へ ミャンマー到着」
http://www.at-s.com/news/detail/681482413.html
【ヤンゴン共同】安倍晋三首相は24日夜(日本時間同)、ミャンマーのヤンゴンに政府専用機で到着した。26日にテイン・セイン大統領と会談し、対日債務約2千億円の返済免除や、1千億円規模の政府開発援助(ODA)を表明する見通しだ。

 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130526/asi13052614560002-n1.htm
------------------------------------------------------

 ミャンマーへは1月に3000億円の債権放棄をしている。だから、今回の2000億円の債権放棄と合わせると、5000億円である。
  まさかとは思うが、軍事政権に不明朗な貸付をして債権が焦げ付いてしまっていたのではないだろうな。債務免除は唐突なので疑問がわいた。普通はいろいろ事前の交渉があって理由がいくつか明らかにされて債務免除というのが手順だろう。
 国会議員はチェックをすべきだろう。どういう債権が、誰に対するものがどれだけ債権放棄され、関与している日本企業名も含めて国民に報告すべきだ。
(ODAの開発援助には日本のゼネコンの受注とセットになっているから、結局日本のゼネコンにカネをばら撒いていることになるのだろう。実に不明朗な「債権放棄」なのだ。)

--------------------------------------------

*#2321 株価暴落はどこまで続くのか?:とりあえずの目安は11,250円 Jun. 4, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-06-04-1

 #2309 Nikkei dives 7%, ends below 14,500 : May 25, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-05-25

 #2305 株高の原因: Nikkei ends over 15,000 for first time since 2007
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-05-22

  #2298 アベノミクスの罪:日経平均15,096.03円 May 16, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-05-16

 #2256 マネタリーベース270兆円へ拡大:亡国の決断 Apr. 6, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-04-06

 #2245  円安はそんなにいいことか? Mar. 17, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-03-17

 #2196 Cabinet OK's record 92,6trillion budget Feb.2, 2013 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-02-02

 #2185 各論(3):'Abenomics' Jan. 24, 20
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-01-24

 #2170 各論(2):貿易収支赤字転落⇒? Jan. 3, 2013 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-01-04

  #2169 各論(1):国債暴落の可能性とその影響 Jan.2, 2012 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2013-01-02

 2168 歴史認識を欠いた安倍新政権の歴史的役割(2):蔵相高橋是清暗殺 Dec. 31, 2012 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-12-31-1

 #2164 歴史認識を欠いた安倍新政権の歴史的役割は何? 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-12-28

 #2158 自民党圧勝294されど第2の危機:民主党惨敗  Dec.17, 2012 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-12-18

 #2144 成長路線と金融緩和の罠 : 衆院選挙でナイトメアがはじまる 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-11-30

 #1828 ゼロ金利の罠: Fed targets and transparency Feb. 3, 2012
 http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-02-03

 #829 国家財政破綻の瀬戸際  Dec.12, 2009
 http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-12-12

 #346 これから10年間の日本経済のシナリオ
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2008-10-10 


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 根室情報へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0