So-net無料ブログ作成

#1606 児玉龍彦東大アイソトープ総合センター長が学者の良心をかけて告発 July 31, 2011 [13. 東日本大震災&福島原発事故]

  東京大学アイソトープ総合センター長児玉龍彦が国会で参考人として意見を述べた。
 学者としての良心を懸けて国会の無策と政府の対応を告発した。
 東大の先生という立場上なかなかできるものではない、現職のセンター長の告発である。世のため人のために身体を張って言うべきことを言う人が東大の先生の中にもいた。わたしはこのビデオの存在を「釧路の教育を考える会」の三木さんのブログで知った。皆さんにぜひビデオを見てもらいたい。

 話の要点を記す。
①放出された放射線量の総量データがいまだに公表されていない、公表すべきだ。
  児玉教授は原爆29.6個分の放射線が出たものと推定している。放射線障害防止法は狭い地域で高濃度の汚染が少量生じた場合を想定しているのみ。これだけ大量の放射能がばらまかれたのだから様相がまるで違う。
 原爆の放射性残存物が1年間で1000分の1になるのに対して、福島原発事故によって飛び散った粒子による放射性残存物は10分の1程度減るのみであり、原爆とは比較にならぬ。この点ではチェルノブイリと同じだ。

②汚染地で測定を徹底せよ
 たとえば幼稚園ごとに測定しないと意味がない。ホットスポットがあちこちにある。放射能放出時の風向きや雨で特定地域がまだら状に高濃度に汚染されている。ただちに子供たちをホットスポットから遠ざけよ。

③イメージングベースの測定器を開発、導入すべきだ。現在の日本の技術ですぐに製造可能だ。

④内部被曝問題
 細胞分裂のときに2重螺旋がばらばらにほどけて4本になる。その不安定なときに内部被曝による放射能がDNAを切断してしまい遺伝子が壊れる。とくに癌抑制遺伝子であるP53遺伝子が壊れると体内にできた癌組織は歯止めを失い増殖する。
 だから、妊婦や成長期で細胞分裂の激しい子供が重大な影響を受ける。子供たちを救えと何度も繰り返している。

⑤放射線核種ごとに集まる臓器が異なるから、μSvやmSvを問題にしても意味がない。
 たとえばトロトラストはアルファ線を出し、肝癌を誘発する。I-131は甲状腺に集まり甲状腺癌を引き起こす、セシウムは尿管上皮、膀胱に集まる。核種ごとに論じないと意味がない。

⑥緊急避難多岐な除染と恒常的な除染を区別せよ。
 カドミウムでは3000haのうち1500haの除染に8000億円かかった。假りに面積が1000倍としたら800兆円。

⑦除染のために除染技術をもつ民間会社の力を結集せよ。
 クリタや東レなどそれぞれユニークな除染技術をもっている会社が日本にはいくつもある。
 
 児玉教授はこう締めくくった。
「7万人が彷徨っているときに国会はいったい何をやっているのですか!」

2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦

●You Tubu H23.7.27 衆院厚労委員会 児玉龍彦参考人 3.21の雨
http://www.youtube.com/watch?v=eubj2tmb86M

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 根室情報へ
にほんブログ村


【癌遺伝子や癌抑制遺伝子に関する本】
 90年代に読んだ本です。P53癌抑制遺伝子の話しは(1)の「第5章 がん抑制遺伝子の発見」と「第6章 がん抑制遺伝子の働き、そして遺伝」にでてきます。(2)は80年代後半に読んだ本です。
(NatureやScienceなどの科学雑誌やOncogeneなどの医学専門雑誌を読む前に、日本語で書かれたこうした新書版解説本を
何冊か読んでおくと楽です。当時(92年頃)は出てくる用語がステッドマン医学辞典にも出ていなかったりして"Molecular Biology of The Cell 2nd edition"の索引を利用して調べていました。

(1)
がん遺伝子の発見―がん解明の同時代史 (中公新書)

がん遺伝子の発見―がん解明の同時代史 (中公新書)

  • 作者: 黒木 登志夫
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1996/03
  • メディア: 新書


(2)

ガン遺伝子を追う (岩波新書 黄版 352)

ガン遺伝子を追う (岩波新書 黄版 352)

  • 作者: 高野 利也
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1986/09/22
  • メディア: 新書



(3)参考まで・・・

Molecular Biology of the Cell 5E: Reference Edition

Molecular Biology of the Cell 5E: Reference Edition

  • 作者: Bruce Alberts
  • 出版社/メーカー: Garland Science
  • 発売日: 2008/01/02
  • メディア: ハードカバー



 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 2

鈴木

迫力がすごいですね。
父親に見せたら
めっちゃ頷いてましたw
by 鈴木 (2011-07-31 18:11) 

ebisu

いい学者がいるでしょう。
あなたも一生懸命勉強して肝心なところでは首をかけてもしっかり自己主張のできる大人に育ってください。
鈴木君、あなたの成長を期待しています。
by ebisu (2011-07-31 19:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1