So-net無料ブログ作成

#1563 玄海原発説明会と建て替え市民整備委員会の相似性 Jun. 27, 2011 [26. 地域医療・経済・財政]

 標記説明会でたった7人の市民に説明しただけで事足れりとする経済産業省のやりかたに不信の声が上がっている。

「玄海原発初の説明会、再開へ経産省理解求める」読売新聞6/27
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110627-OYS1T00152.htm

「・・・経済産業省は26日、緊急安全対策について、佐賀市内で佐賀県民向けの説明会を開いた。・・・県民代表からは、原発に関する不安の声が相次いだ。

 ・・・説明会には、原子力安全・保安院と資源エネルギー庁の担当者4人と、県民代表として佐賀商工会議所専務理事や主婦ら20~60歳代の7人(男性4人と女性3人)、オブザーバーとして長崎大の放射線医療専門の教授が出席した。

 1時間半にわたって、国側の説明や質疑が行われたが、7人からは「福島の事故は津波だけが原因で起きたのか」「福島の事故に関する国の発表は、日がたつにつれて深刻さを増しており、政府の対応は信用できない」などの質問や意見が出された。・・・」

 相変わらずの「安全説明」に終始する経済産業省、福島原発でもそう言っていたではないか。地震で被害の確率はゼロパーセントだと。

 思い起こすと、わが町の市立病院建て替えでも「建て替え市民整備委員会」への説明で市民に説明したとわが市長殿は市議会で答弁した。こうした委員会や人員を制限した説明会は行政側のアリバイ作りに利用されるだけである。行政側には聞く耳はない。
 市民整備委員会も建て替え後の病院事業収支が明らかにされないことに不信感を表明して委員会が廃止になった。建て替えが始まっているというのに、市長が何度も約束した病院建て替え後の市事業採算は建て替えが始まってしまっても一向にあきらかにならない。
 計算は簡単だ、1時間もあれば財政課の職員や病院の担当課長なら計算できる。問題は結果である。人口減少を前提に患者減でシミュレーションしたら、年間十数億円の赤字がさらに拡大し、市財政が破綻することが明らかになるから公表できないのだろう。

 こうした説明会や委員会は行政にいいように利用されるだけである。行政側のそうした問題先延ばしや情報隠蔽体質こそ糾弾されなければならない。

 市立病院建て替えでは経営改善の視点がまったくなく、建て替え後は病院経営の足枷となるだろう。面積とか外断熱とか屋上へのソーラーパネル設置とか坪単価のカットとか、経営視点がまったく省みられないまま、外来診察ブースが32というばかな建て替えが行われている。たとえば外断熱なら暖房費は半分以下だろう。長期的に見ると重油の値段は為替変動によって数倍に跳ね上がるときが来るだろう。備えがまったくない。
 しかし、トイレ付の4ベッドの病室のデザインだけは褒められる。入院患者にとって快適な釧路医師会病院と同じデザインだから。

 問題に正面から立ち向かい、正直・誠実に仕事をしよう。原発の説明会と市民整備委員会、国も根室市も構造は同じだ。福島第一原発やわが町の病院建て替えにみるように、後始末はたいへんだ。地域住民が甚大な被害を受けることになる。福島県の住民の半数はふるさとを失ってしまった。


*「#1218 市立根室病院整備市民委員会解散」
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-09-24

 #1958 チグハグ:13.7億円の病院事業赤字と新しい病院の名称募集 June 3, 2012 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-06-03

 #1563 玄海原発説明会と建て替え市民整備委員会の相似性 Jun. 27, 2011
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2011-06-27-1

 #1539 ランニングコストの低減と病院経営 :父よ許したまえ、彼らは・・・ Jun. 3, 2011 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2011-06-03

 #1234 地域医療改革の烽火(4):根室市議会 病院建て替え問題点 焦点 Oct. 10, 2010 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-10-10

 #1143 市立病院建て替え:建築費10億円カットの方法 Aug. 3, 2010 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-08-03

 #1091 免震構造と外断熱はどちらを優先すべきか Jun. 30, 2010 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-06-30

 #1057 「広報ねむろ6月号」を読む(2):病院建物仕様への疑問 Jun. 6, 2010
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-06-06

 #1013 基本設計にまつわる疑問:市立根室病院建て替え-086 Apr. 29, 2010 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-04-29

 病院建物基本仕様検討作業への要望(1) #889 Feb.2, 2010 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-02-02

 根室人はほいどか?答えはノーだ #881 Jan.27, 2010 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-01-26-1

 杞憂(2)根室の地域医療の未来 #855 Jan.6, 2010 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-01-06

 建築仕様も詰めずに基本設計発注か? #839 Dec.23, 2009 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-12-23

 将来、療養病床設置も #834 Dec.18, 2009 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-12-18

 「市立病院建て替え 基本計画の課題続々」
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-07-30

  7月25日blog#667『市立根室病院4~6月営業収益予実差異9660万円』
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-07-25

 7月2日blog#634『病院建て替え基本計画案への7つの疑問』
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-07-01-1

 2009年6月21日#619「定数削減と市立病院問題について(J&K対話)-(3)」
  http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-06-21

 2009年6月26日#625「建て替え必要なし33%、なぜ? 市立根室病院建て替えアンケート・ショック」 
  
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-06-26 

 2009年5月27日#592「市立根室
病院建築仕様の前提条件」
  
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-05-27

 2008年2月18日#094「市立根室病院改築」
  
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2008-02-18

 2008年3月23日#147「2018年の根室の人口」
  
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2008-03-23


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 根室情報へ
にほんブログ村


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0