So-net無料ブログ作成

#1547 釧路市議会基礎学力問題研究議員連盟 Jun. 9, 2011 [15. ポジティヴ&ゆめ]

  標記の議員連盟が釧路市議会にできた。
 釧路の小中高生の学力が低下し、帯広や北見との格差が広がりつつある現状に業を煮やした議員が立ち上げた。幸いにして賛同する市議が多く、釧路の町の将来に一条の光を見る思いがする。
 学力の低下を食い止めなければ、労働力の質や中小零細企業主の質の劣化を招き、釧路の地域経済はますます衰退せざるをえなくなるという危機感がバネになっている。
 6月9日9時半から記者会見だから明日の新聞記事、道新の釧路地域版や釧路新聞には載るだろう。

 「釧路の教育を考える会」「釧路市議会基礎学力問題研究議員連盟」、二つの柱が立った。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 根室情報へ
にほんブログ村



教育改革関連記事
「釧路の教育を考える会」の中心メンバーのブログです。
*「不熱心な面々」⇒情熱空間より
http://blog.livedoor.jp/jounetsu_kuukan/archives/3511711.html

「釧路の子ども達の基礎学力問題について、色々な所でお話をさせていただき、また多方面の方々と意見交換を重ねた上で実感することをまとめてみます。経済界の方々はおおむね好反応です。雇用の場の現実を日々目の当たりにしているわけであって、共感できる部分が多分にあるからでしょう。子育てが現在進行形の方も同様です。しかしながら、その手の話をするとソッポを向きたがる方が少数ながら確実にいらっしゃいます。私が思うに以下の順です。・・・」

 あとは本文を読んでのお楽しみです。

**「釧路発の快挙!(基礎学力問題研究議連)」6/10
http://blog.livedoor.jp/jounetsu_kuukan/archives/3518368.html

***「第1825回 基礎学力問題研究議連」6/9、月田市議ブログより
http://blog.livedoor.jp/gekko946/archives/51602659.html

「趣旨に賛同して集まった議員は11名。
 月田光明(公明) 松永征明(政進会) 高橋一彦(自民ク) 
 続木敏博(自民ク) 鶴間秀典(政進会) 梅津則行(共産) 秋田慎一(公明) 森 豊(自新ク)
 金安潤子(市政ク) 三木 均(自民ク) 山口光信(自民ク)」

 まさしく超党派、根室も真似しよう。 


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 7

ZAPPER

山が動き始めました。
市長ご自身も、市議の皆さんも本気です。
さて、次は本丸攻略です!(^^)
by ZAPPER (2011-06-09 11:35) 

ebisu

ZAPPERさんへ

外堀はどうやら埋めたようですから、本丸攻略も時間の問題ですね。
「不熱心な面々」なかなか面白い考察です。
分析の視点がユニークですね。
一部引用して追記させてもらいました。
by ebisu (2011-06-09 13:11) 

ZAPPER

まさに超党派であります!
自民・民主・公明・共産の面々がずらり。
この問題がいかに重要かが分かろうというものです。

しかし思うに(基礎学力向上策を打ち出したなら)そちらの方が小回りが利きやすい分、効果が出るのはずっと早いでしょうね。また、一番最初に手を挙げた議員がその方面の第一人者にもなれるだろうに。(笑)

やらされる勉強よりも自ら進んでやる勉強の方が断然に効果が高いもの。見て見ぬふりをしてだんまりを決め込んだとしても、残念ながら近い将来に、嫌々でも動かなくてはならない時が必ず来るのになぁ。なので、ebisuさんを活用しない手はないよ。私はそう思いますが…
by ZAPPER (2011-06-10 15:52) 

ebisu

ZAPPERさんへ

超党派で議員を集めたのは月田さんの手腕です。
それを後押ししたのは三木さんの情熱。
それぞれの人がそれぞれ重要な役割をこれからも演じていくでしょう。

さて、私の根室における役割は"是は是と言い、非は非と言う、つまりは警鐘を鳴らすこと"です。

根室を変えるのはもっと若い人の役割です。
私は私の役割を果たします。
一つの仕事をやり遂げるためには、それぞれユニークな人たちが集まり、それぞれの役割を果たすことではないかと・・・
by ebisu (2011-06-10 23:35) 

つー

リンクを貼っていただき恐縮です。

さて、zapperさん。
超党派は超党派なんですが、自民・公明・共産・大地系議員は加入していただきましたが、民主・社民は残念ながら入ってはおりません。
理由は、推して知るべしですが・・。

すんなりとはいかないものです。
by つー (2011-06-11 10:52) 

ZAPPER

つーさん
おっと、そうなんですか。
基礎学力向上策をことごとく否定する、テメーらの利益誘導しか頭にない、あの悪名高き「抵抗勢力」が彼らの支持母体ですもんね。
なるほどなるほど。
by ZAPPER (2011-06-11 11:46) 

ebisu

つーさんへ

民主と社民は大方の予想通りの反応ですね。
しかし、この予想は外れて欲しかった。
地元の子供たちの学力の問題ですから、組合との利害関係を超越して欲しかった。
民主党員だって社民党員だってダメなことはダメと言えなければ一人の独立した人格とは言えません。
でもいまはこれが現実。

釧路と根室の子供たちの学力が低いというのは、先生たちの教え方にも問題があるということですから、謙虚に反省して改善の努力をして欲しい。

先生だけの仲間内でやっているかぎりダメでしょう、地域社会とオープンにコミュニケーションすべきです。

取り組み方私大で事態は否応なしに動くことになるでしょう。釧路と根室の子供たちの学力を上げるために、いつか彼らも仲間に入ることになる日が来ます。
by ebisu (2011-06-11 22:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0