So-net無料ブログ作成

#1057 「広報ねむろ6月号」を読む(2):病院建物仕様への疑問 Jun. 6, 2010 [32. 市立根室病院建て替え]

 病院建物仕様に疑問がある。「広報ねむろ6月号」に2㌻と3㌻に「阿野っている。載っている図面では大雑把過ぎてわからないが、これまでの情報と簡易図面(建物概観見取り図・断面図・病室図のみ、各スペースの面積表示なし)だけで問題点を挙げてみる。
 (2度目、そして今回だけで2900万円もかけてつくった基本設計なのだから、基本設計情報はすべてホームページで公開してもらいたい)

①外来診療ブースは30以上も設置するという追加案が出ていたが、常勤医の数を考えてもそんなにいらないだろう。
 これは「御用聞き仕事」の典型だろう。こういう仕事のやり方をすれば、仕様は膨らむにいいだけふくらみ、コストは2倍になる。システム投資に典型的に現れている。仕様の優先順位を考えていない証拠だ。
 外来診療ブースは最大でも20、カルテの集中管理をやれば15で十分ではないか?

②面積13000平米は広すぎはしないか?

③土地は岩盤だから免震構造は不要だ。根室で一番揺れの少ない岩盤上に病院が建てられる。免震構造はオーバースペックで、建築コストを膨らますだけだからやめるべきだ。土地のボーリング調査すらしていないだろう。

④4ベッド病室には2ベッド分は窓がない。4つとも窓がとれるようにすべきだ。患者の居住性がまるで違う。釧路医師会病院が4ベッド全部に窓があった。
 ⇒図面をもう一度見たら小さな窓がとってあり、採光がとれるようになっていた。縦長の窓だろう。窓の面積の表示があればなおわかりやすかった。一人部屋の窓を20センチほど小さくして4人部屋の窓をその分大きくできれば、なおいい。このままでも合格点はあげられる。4人病室はトイレもついており、以前からわたしが指摘していた仕様を満たしている。

⑤基本設計をホームページ上で公表し、市民の意見を聞き、特別委で検討してから、仕様を決めて実施設計の発注をすべきだ。

⑥外断熱仕様にすべきだ。暖房費が半分以下になる。灯油の値段が将来どうなるか不明だ。広くて断熱の悪い建物にしたら、維持費が経営の負担になる。

⑦市民整備委員会で廃止すべき問題点として採り上げられた保育所スーペースがそのまま載っている。どういう議論をしてどのような結論になったのだろう。重要な点はきちんと議論をして、議論の内容を公表し、理解と納得をえられるようにすべきだろう。このままではあとあと尾を引くことになる。愚かだ。

⑧療養病棟への転換可能性があるから、換気システムと暖房と外断熱はセットで考えなければならない。
 入院病棟は2フロアのようだから、臭気の問題(おむつ交換など)があるので、換気システムは入院患者の居住性をよくするために重要である。喚起の際に冷たい外気がそのまま入っては困るし、外断熱でコンクリート躯体が温まっていれば、室温が下がってもコンクリートからの輻射熱でそれほど寒くは感じないだろう。そして、屋上へのソーラパネルの設置も維持費の点から考えていたほうがよい。

【改築計画の進め方について】
 2900万円かけた基本設計情報は市側のものではない。市民に公開すべき情報である。市のホームページ上でただちに公開すべきだ。用途ごとの面積がどうなっているのかわからなければどういう病院を作ろうとしているのかわからない。

 実施設計を発注後に基本設計を一部だけ公表するというやり方は市側の思い上がりで、仕事の順序を間違えている。
 みんなが気持ちよく利用でき、むだを小さくすべきだ。検討に時間をかけ、市民の意見を入れて設計をやり直したほうがよい。
 市民と共にいい病院を作ろうという気持ちがあれば、こういう強引なやり方はとれないだろう。いまからでも遅くはない、やり直すべきだ。
 このままではお金をかけなくてよいところにかけ、かけなければならないところを見落としてしまっている。正直に誠実に、そして謙虚に取り組むべきだ。

 建て替え後の損益見通しは非現実的な前提条件で計算されたものがあるだけで、説明責任すら果たしていない。
 市長と病院事務局は時間を制限しないで3度は市民説明会を開くべきだ。市長と病院事務局は現在に至るも市民へのアカウンタビリティ(説明責任)を一度も果たしていない。

 #1958 チグハグ:13.7億円の病院事業赤字と新しい病院の名称募集 June 3, 2012 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2012-06-03

 #1563 玄海原発説明会と建て替え市民整備委員会の相似性 Jun. 27, 2011
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2011-06-27-1

 #1539 ランニングコストの低減と病院経営 :父よ許したまえ、彼らは・・・ Jun. 3, 2011 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2011-06-03

 #1234 地域医療改革の烽火(4):根室市議会 病院建て替え問題点 焦点 Oct. 10, 2010 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-10-10

 #1143 市立病院建て替え:建築費10億円カットの方法 Aug. 3, 2010 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-08-03

 #1091 免震構造と外断熱はどちらを優先すべきか Jun. 30, 2010 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-06-30

 #1057 「広報ねむろ6月号」を読む(2):病院建物仕様への疑問 Jun. 6, 2010
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-06-06

 #1013 基本設計にまつわる疑問:市立根室病院建て替え-086 Apr. 29, 2010 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-04-29

 病院建物基本仕様検討作業への要望(1) #889 Feb.2, 2010 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-02-02

 根室人はほいどか?答えはノーだ #881 Jan.27, 2010 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-01-26-1

 杞憂(2)根室の地域医療の未来 #855 Jan.6, 2010 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2010-01-06

 建築仕様も詰めずに基本設計発注か? #839 Dec.23, 2009 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-12-23

 将来、療養病床設置も #834 Dec.18, 2009 
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-12-18

 「市立病院建て替え 基本計画の課題続々」
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-07-30

  7月25日blog#667『市立根室病院4~6月営業収益予実差異9660万円』
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-07-25

 7月2日blog#634『病院建て替え基本計画案への7つの疑問』
 
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-07-01-1

 2009年6月21日#619「定数削減と市立病院問題について(J&K対話)-(3)」
  http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-06-21

 2009年6月26日#625「建て替え必要なし33%、なぜ? 市立根室病院建て替えアンケート・ショック」 
  
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-06-26 

 2009年5月27日#592「市立根室
病院建築仕様の前提条件」
  
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2009-05-27

 2008年2月18日#094「市立根室病院改築」
  
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2008-02-18

 2008年3月23日#147「2018年の根室の人口」
  
http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2008-03-23


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0