So-net無料ブログ作成

「旅館大野屋」が破産(北海道新聞より転載) [87.根室の話題]

  2,008年4月6日   ebisu-blog#159 
  総閲覧数: 9557/131 days (4月6日0時30分) 

 気温は零度丁度、道路は乾き、両脇に積み上げられた雪から滲みだした水がアスファルトを所々黒く染めている。朝夕ガスがかかるようになった。

 春の観光シーズンに入り、ゴールデンウィークのホテル業界は忙しいだろうなと、日増しに嵩を減じてゆく春の雪をみながら思う。
 観光バスが毎日数台の頻度で東根室駅を訪れている。観光客はバスで来て、記念写真を撮り、通過するのみである。滞在型観光をどうしたら増やせるかというのが観光協会の数年来のテーマだ。
 残念なニュースが流れた。昨日のブログに「はぐれ刑事純情派」で根室がロケ地になっていたと書いたが、大野屋さんが舞台になり女将も番組に出演していた。その大野屋さんが自己破産申請をしたと今朝の新聞に載った。
 大きな宿泊施設がない根室で、大野屋旅館がなくなるのは打撃だ。釧路の同業者が触手を伸ばしているとか言う噂も耳にしたことがあったが、交渉は不調だったのだろう。
 本館は増築だから旅館全体の内部の構造はあまりよろしくはない。古い部分に高低差のある狭い廊下がうねうね走る。
 温泉はないが、それでも地元で獲れた活きの良い水産物を美味しく調理して出せれば、リピーターは増やせるだろう。鍵は料理にありそうだ。もし根室のいずれかの業者が手を挙げるとすれば、板場をきちんと仕切れるところだろう。観光客の受け入ればかりでなく、クラス会で使うとか、法事で利用するとか、地元になくては困る旅館である。
 競売価格次第で営業再開の可能性はあるので、続報に注目したい。

 地元の金融機関が増築資金を融資しているから、そこが担保として抑えているのだろうが、競売で買い手がつかないと丸損である。地価の公示価格も前年比9%下がっている。地元経済の衰微を考えると5千万円でも売れればよいほうかもしれない。いずれにしろ増築資金を貸し付けた金融機関にとっては厳しい内容である。民間企業への貸し付けに甘さがあれば、貸手もこのように自己責任を問われ、融資資金のほとんどが回収できない。
 この例と対比して考えておきたいのは、地方自治体への金融機関の野放図な融資である。夕張の例に見るように、地方自治体への融資は金融機関にとってはまったくリスクのない「ご馳走」であることがわかる。道内の市町村が破綻しても北海道庁が全額立替返済してくれるからだ。破綻のあと残された市民と市役所が、国や道の指導の下、借金を全額返済することになる。だから、民間金融機関からの融資を増やしてはいけない。市民は監視すべきだ。
 
 以下、4月5日、北海道新聞朝刊より

 「旅館大野屋」が破産

 負債7億円
 団体客減り経営悪化
【根室】根室市常盤町の老舗旅館「旅館大野屋」(大山美栄子社長、資本金千万円)が4日までに、釧路地裁根室支部に自己破産を申請し、破産手続きの開始決定を受けた。民間信用調査機関帝国データバンク釧路支店によると、負債総額は約7億円。
 同旅館は1951年に創業。93年に7億円を投じて本館を新築し、客室34室、収容人数140人。団体客や宴会客の確保に力を入れ、97年3月期には売上高3億円を計上した。
 しかし、旅行の少人数化で団体客が減り、本館新築の投資も重荷となり、経営が悪化。2,007年3月期には売上高が1億7千万円に落ち込んだ。
 今年1月7日から休業したが、再建の見通しが立たなかった。5月30日に債権者集会を釧路地裁根室支部で開く。
 建物は再建の大半を持つ金融機関が、抵当権を行使し競売にかける。
市内には多人数を受け入れることができるホテル・旅館が少ないため、夏の観光、北方領土視察時期を前にした同旅館の閉鎖は影響が大きい。山本哲弘根室市商店連合会長は「だれか引継ぎ、営業を再開してほしい」と話している。(仁科裕章)

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0