So-net無料ブログ作成

芭蕉同窓会 [つれづれなるままに…]

  2,008年1月21日   ebisu-blog#052
  総閲覧数: 2399/56 days (1月21日0時00分現在)

 20日(日曜日)4時からグランドホテルで芭蕉同窓会が開かれた。100年の歴史を持つ根室高校の同窓会である。12人×29テーブルが満席だった。
 高校を卒業して18歳、その年齢を2倍にした36歳が当番幹事である。消化器内科のO先生も当番幹事の学年の一人としてきていた。心配顔で「大丈夫なんですか?」と訊かれた。検査の必要がなくなった状況をかいつまんで報告した。
 
隣にいた友人の一人が曰く、
「もてなしの心が足りない」

 楽しい同窓会ではあった。同窓会というよりもイベント化している。原理原則を大事にする友人は同窓会とはそもそもイベントではないと至極もっともな意見だ。同窓会も変わり始めたということだろう。
 当番幹事を中心に出し物はずいぶんと練習を積み重ねたものだった。根室太鼓の佐藤さんの指導による太鼓、中国障害者の踊りを真似た群舞も、見ごたえがあった。手の込んだ衣装を作るのも大変だったろう。ご苦労様と言いたい。
 わたしたちのテーブルはくじ引きで5本当たった。市会議員の五十嵐寛さんが地デジチューナ付DVD・HDDが当った。喜んでいた。2年前は同じテーブルの丸鮮のYさんに液晶テレビが当った。なかなか当たりのよいテーブルである。

【幻の酒 北の勝「搾りたて」試飲報告】
 8時に同窓会がお開きになった後で、数人でIさんのお店で飲んだ。そこで釧路の地酒・福司の「搾りたて」と北の勝の「搾りたて」の飲み比べをした。
 北の勝のほうが濃厚な味がした。ここ2~3年北の勝の「絞りたて」は味が変化している。醸造用糖類の添加量がはっきり減っている。特に今年の「絞りたて」は北の勝本来の「男酒」に仕上がっていた。4年前までは北の勝のほかの製品ラインとは、まるで個性の違う味だった。それが今年は北の勝らしい味に仕上がっているようにわたしには感じられた。北の勝の「絞りたて」はもともと醸造用アルコールの添加量が少ないようだ。したがって、加える水の量も少なくなり、あまり薄まっていない。舌に濃厚な味が残り、口中に生酒の香りが広がる。飲み較べるとその違いがいっそう際立つ。
 活性炭でろ過して淡麗な味に仕上げるメーカーが多い中、自己主張のある名品といえるだろう。
 横で飲んでいる北の勝に勤める同級生はニコニコしながら、仲間内の酒談義を聞いている。碓氷商店内でも議論があるようだ。
 今年はどのような味に仕上げたのだろう?それを確認するのがのん兵衛オヤジ達の楽しみの一つでもある。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

ごっち

ブログ読ませていただいて、18日仕事明け早速酒屋に直行しましたが、北の勝「搾りたて」に出会えず涙・・・・・・・
福司の「搾りたて」は残っていたので早速購入。
『コレでいいのだ!』と言い聞かせ・・・・

来年は是非キタカツ飲んでみますね。
ebisuさんのように語りて~
by ごっち (2008-01-21 16:50) 

ebisu

うまい酒は好いね。生酒を飲むときなんぞ、「俺、日本人でよかった」そう思うもの。
今年のコマイは小ぶりなのが多い。軽く干したコマイを火にあぶって、一口食べては、北の勝「搾りたて」をちびちび飲む。
友達の奥さんが漬けた美味しいイズシを頂いた。モスグリーンのお皿に二切れだけのせる。白い大根と程よい赤さの紅鮭が小皿に映える。
じっと眺めて、たまった生唾を飲み込み、かざしたぐい飲みに口を近づけ、チビッとやる。
ごめん、ごっちさん、やっぱうめえや。
by ebisu (2008-01-22 23:20)
by ebisu (2008-01-22 23:20) 

ごっち

なんと!!!続報~
旧友と帯広で会って”北の屋台”へ。そこでそこで、出会ってしまった”北の勝「搾りたて」”!!なかなか入らないよ~ってごそごそ出してくれました。何でも帯広の卸の酒屋にも2ケースしか入らないんだそうな・・・。
ebisuさんのサイトの情報そのままにえらそうにウンチク語りながら飲んでしまいました(笑)ごめんなさい。
美味しいですね!!ほんとびっくり。なかなかない感動でした。
やっぱり、来年は是非自宅でまったりと・・・
by ごっち (2008-01-28 16:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0